重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

警察

家族や警察の協力でDVが激しい彼氏から逃れた事例

ブログネタ
人、生きる意味 パート3 に参加中!
投稿者の方
M.Kさん 
福島県
20代・女性

お悩み事例
2年近く付き合い、結婚まで考えて同棲を始めた彼氏がいたが、同棲し始めた頃に本性を出してきた。
自分にやたら甘く、人には鬼のように厳しく。
常に他人を見下し、自分はさも立派な人間のように振舞い、外面はいいが内面はかなり悪い。
ひどい言葉を言われたり、見たこともなかった冷たい表情や態度をされるようになったため、同棲を解消し別れたいとずっと悩んでいた。
しかし、話し合いをしようとしても話が通じず、下手なことをすれば怖い目にあうのでは、となかなか行動できなかった。


解決方法
まず、親や親戚に相談し、相手がどういう状態かと家を出るつもりであることを伝えておいた。
喧嘩が多くなってきた頃だったし、物にあたるなどの暴力が出始めたので、喧嘩がひどくなった頃に警察に助けを求めた。
警察の仲裁により、半ば無理やり家を出た。
その後もやり直したいなどと相手が職場や親戚の家に押しかけたが、それぞれに事情を話してあったし、警察にも何度も相談していた。
こうなることを予測していたので、その前に自分の味方を多くしておいた。
不利だと思ったのか、相手は連絡してきたり、会いにきたりしなくなった。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

強制入院するほどの産後鬱から復帰した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
出産に子育て。
子供が出来てウレシイ反面、ストレスによってうつになってしまう方もいらっしゃいます。
今回は、産後うつから警察沙汰にまり、強制入院にまで至ってしまったが、そこから見事復帰した事例をご紹介します。 




投稿者の方
茨城県
N.Tさん
30代女性



お悩み事例
3年前、第三子を出産しました。
出産がひどいものったので、産後から3か月間一睡もできず、産後うつを発症しました。
主人は仕事で忙しく、たった一人で3人の子どもを育てていましたが、体調は最悪で、「死ね死ね」といった幻聴や、知り合いが自殺する映像がテレビに映るなどの幻覚に悩まされるようになっていました。
後で聞くと、産後うつから統合失調症を発症していたそうです。




解決方法
幻聴・幻覚から、夫婦喧嘩がひどくなり、近所から、警察を通報されました。
警察官の目の前で自殺騒ぎまで起こしたので、警察の保護下に入り、県の精神保健指定医という医師から、「命の危険と、他者へ危害を加える恐れがある」として、措置入院を命じられました。
措置入院とは、強制なので、退院したくても、県の許可が下りないと退院できません。
1ヶ月、精神科で隔離措置を受けました。その期間、子どもたちは児童相談所の指示の元、養護施設に入所となりました。
ただ、産後、初めてゆっくりできた期間でした。みるみるうちに回復し、夜もよく眠れるようになりました。
早い時期に措置入院解除になり、今は、幻聴・幻覚もなくなりました。
措置入院中の入院費や食費は全て県持ちなので、経済的負担もなかったのが助かりました。
子どもたちも3か月後には家庭引き取りになり、今はとても元気に子育てをしています。



 


 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索