重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

自己中心的な親の束縛を、時間が解決した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Kさん
福岡県
30代・女性

お悩み事例
私の両親は、自分大好き人間で自己中心的で私が小さい頃から自分勝手でやりたい放題でした。
ほとんど家にいないし、家の事は何もしないので、ゴミ屋敷状態でした。
父親も外で女を作りその事を私に自慢してくる少し変わった人でした。
 
私は、ほぼ、ほったらかしで育ちいつもお腹はすいてるし服はボロボロ、靴はないのでいつも長靴で生活していました。
いつも、なぜ私の両親は友達みんなと違うのだろうと子供ながらに悩み苦しむ毎日で本当に辛かったのを覚えています。


解決方法
この悩みごとが解決した?のは私が中学を卒業して寮がある職場に就職したので親とのかかわりがなくなった事が一番です。
 その後もたまに私に電話があり、家を片付けるから手伝ってくれ!やお金を貸してくれ!女と別れてさみしいなどの連絡がくるようになりました。
 
その都度、実家に行きずっと愚痴を聞いたり実家を、片付けたりしていました。
今は、父親は脳梗塞で倒れ施設に入っていて、母親は落ちつき、家は汚いですが安定した生活を送ってくれています。

コメント
子供は親を選べないですよね。
前の記事の投稿者さんもそうでしたが、親であるがゆえに、なかなか縁を切ったり、距離を置いたりすることも難しいようで。
結構、強引に距離を置くか、時が解決するのを待つというのが現状のようですね。

スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

就職先を決められなかったが、親や友人のアドバイスやOG訪問で決断した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Kさん
岐阜県
20代・女性


お悩み事例
就職先をどこにするかということに最も悩みました。
やはり一生を左右することなので、どんな選択をするのが自分に最も合っているのかすごく考えました。
二つ候補の企業があったのですが、どちらも本当に良い企業で諦めるにも諦めきれないような会社でした。
企業に内定を受け入れるかどうかという返事をしなければならない期日まで、毎日のようにどちらがいいのか悩んでいました。


解決方法
友人や親などにどちらがいいと思うか相談しました。
ただ、友人や親は客観的な意見はくれますが、実際に会社の雰囲気はどうか、などといったことはその会社で働く人に聞かなければわかりません。
そこで、会社にOG訪問させてもらい、働く人の生の声を聞かせてもらいました。その上で、知名度・勤務地・社風・福利厚生・仕事内容などを包括的に考えて答えを出しました。



スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

家族や警察の協力でDVが激しい彼氏から逃れた事例

ブログネタ
人、生きる意味 パート3 に参加中!
投稿者の方
M.Kさん 
福島県
20代・女性

お悩み事例
2年近く付き合い、結婚まで考えて同棲を始めた彼氏がいたが、同棲し始めた頃に本性を出してきた。
自分にやたら甘く、人には鬼のように厳しく。
常に他人を見下し、自分はさも立派な人間のように振舞い、外面はいいが内面はかなり悪い。
ひどい言葉を言われたり、見たこともなかった冷たい表情や態度をされるようになったため、同棲を解消し別れたいとずっと悩んでいた。
しかし、話し合いをしようとしても話が通じず、下手なことをすれば怖い目にあうのでは、となかなか行動できなかった。


解決方法
まず、親や親戚に相談し、相手がどういう状態かと家を出るつもりであることを伝えておいた。
喧嘩が多くなってきた頃だったし、物にあたるなどの暴力が出始めたので、喧嘩がひどくなった頃に警察に助けを求めた。
警察の仲裁により、半ば無理やり家を出た。
その後もやり直したいなどと相手が職場や親戚の家に押しかけたが、それぞれに事情を話してあったし、警察にも何度も相談していた。
こうなることを予測していたので、その前に自分の味方を多くしておいた。
不利だと思ったのか、相手は連絡してきたり、会いにきたりしなくなった。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

継父からのイジメを受けた事例

ブログネタ
人、生きる意味 パート3 に参加中!
投稿者の方
神奈川県
C.Iさん
40代・女性

お悩み事例
母が再婚し、高校生だった姉と中学生だった私は継父にいじめられていました。
父が自宅にいると、冷蔵庫を開ければ「豚みたいにガツガツしやがって」と罵られ、テレビも見れず、友達からの電話も取り次いでもらえず、犬の散歩で家を空けると帰ってきた時には鍵が締まっており家に入ることができず。。。土日はキッチンにいくことができなかったので、犬の散歩へでた際にお店でジュースとパンを買って食べるような生活でした。


解決方法
私が中学卒業するタイミングで、母が別居を決意。
姉も高校卒業するということで、3人(母と姉と私)は父の家から出ました。
すぐに離婚してもらえなかったため、3年ほどの別居生活を経た後、父を説得して離婚に至りました
。父は離婚後も何かと接触を持ってきたため、母が亡くなった以降は全くの音信不通になるようにし、今では別々の人生を歩んでいます。
すぐに離婚できなくても、別居生活することで心構えができ、段階的に離婚の方向へ向かわせられたの思います。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

いじめっ子の親が逆ギレしてきた事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
H.Mさん
熊本県
40代・女性

お悩み事例
子どものいじめが、その母親からの嫌がらせに発展して困ったことがあります。
うちの子は、小学低学年の時にクラスの子から仲間ハズレや物を隠されるといった軽いいじめを受けていました。
ところが、相手の子どもは、叱られるのが怖くて、自分がしていることを全て自分がいじめられていると、母親に話していたのです。
子どもの言うことを鵜呑みにした母親が激怒して、うちの子にしつこく謝罪を迫るようになりました。
毎日、通学路で下校するのを待ち伏せて「謝れ!!」などと罵声を浴びせていたそうです。
騒ぎに気づいた近所の人の知らせで発覚しました。

解決方法

悔しかったけど、あえて反論はせずに、とにかく相手の母親の興奮を鎮めることに徹しました。
周りへの聞き取りからも、うちの子の方がいじめられているのは明らかでしたが、相手の子に嫌な思いをさせて申し訳なかった、とひたすら謝りつづけました。
次に、学校の担任の先生を巻き込み、子どもたちの様子を細かく観察・母親へ報告し続けてもらいました。
時間が解決してくれたのか、自分の子がいじめていたことに気付いたのか、3ヶ月ほど経つと母親はおとなしくなりました。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索