重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

統合失調症

強制入院するほどの産後鬱から復帰した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
出産に子育て。
子供が出来てウレシイ反面、ストレスによってうつになってしまう方もいらっしゃいます。
今回は、産後うつから警察沙汰にまり、強制入院にまで至ってしまったが、そこから見事復帰した事例をご紹介します。 




投稿者の方
茨城県
N.Tさん
30代女性



お悩み事例
3年前、第三子を出産しました。
出産がひどいものったので、産後から3か月間一睡もできず、産後うつを発症しました。
主人は仕事で忙しく、たった一人で3人の子どもを育てていましたが、体調は最悪で、「死ね死ね」といった幻聴や、知り合いが自殺する映像がテレビに映るなどの幻覚に悩まされるようになっていました。
後で聞くと、産後うつから統合失調症を発症していたそうです。




解決方法
幻聴・幻覚から、夫婦喧嘩がひどくなり、近所から、警察を通報されました。
警察官の目の前で自殺騒ぎまで起こしたので、警察の保護下に入り、県の精神保健指定医という医師から、「命の危険と、他者へ危害を加える恐れがある」として、措置入院を命じられました。
措置入院とは、強制なので、退院したくても、県の許可が下りないと退院できません。
1ヶ月、精神科で隔離措置を受けました。その期間、子どもたちは児童相談所の指示の元、養護施設に入所となりました。
ただ、産後、初めてゆっくりできた期間でした。みるみるうちに回復し、夜もよく眠れるようになりました。
早い時期に措置入院解除になり、今は、幻聴・幻覚もなくなりました。
措置入院中の入院費や食費は全て県持ちなので、経済的負担もなかったのが助かりました。
子どもたちも3か月後には家庭引き取りになり、今はとても元気に子育てをしています。



 


 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

統合失調症から少しずつ就労まで歩みはじめている事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
3連休ですね。
いかがお過ごしですか?
私は仕事です(笑)
3連休でもしっかりとお悩み事例をご紹介していきますね。



投稿者の方
J.Iさん
栃木県在住
40代・女性


お悩み事例
重い統合失調症にかかり、家族をののしったり、仕事中にパニックに陥ったりしました。
私も苦しかったですが、家族も大変だったようようです。
家族は疲れ果て、病院も薬を出すだけのいい病院に出会えず転々としました。
仕事も辞めてしまい、経済的にも困窮しました。
あの時は、私も含め、家中暗い雰囲気であったと思います。
 

解決方法
病院を転々としていくうちにテレビで、就労まで支援してくれる病院のことを知りました。
その病院がなんとか通える場所にあったことが幸いして、そこの病院に転院しました。
そこではデイケアも行っていて、デイケアに通って行くうちに同じ病気の人に出会い話し合うことで、
病気のことを詳しく知り、薬も適量になり症状が落ち着きました。
今は、就労に向けて少しづつ進んでいるところです。


病院では就労の支援までしてくれるのですね。
知らなかったです。
やはり仕事を辞めてしまわなければいけなくなって、またそのストレスで……
という事も多いかと思います。
少しずつ就労に向けて動かれているということで、頑張っていらっしゃるのですね。
辛いですが、本当に大きな一歩だと思います。


スポンサーリンク
  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索