重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

父親

父親が突然無くなって大量の借金が発覚した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
Y.Aさん
岐阜県
30代・女性

お悩み事例
父親が突然亡くなり、お葬式が終わったのも束の間、家を整理していると借金の催促状が引き出しからたくさん出てきました。
生活に困って借金していたのは知っていたのですが、あまりの量に愕然。
調べてみると、トータルで1500万円ほどありました。
父が亡くなったことを業者に連絡すると、借り入れの際の保険でチャラになったところはわずか。
聞いてみると、滞納していたときに、その保険をすでに使ってしまっているため、名義人が亡くなってもチャラにはならないとのこと。
結局、まるまる1500万円の借金だけが残りました。


解決方法
私が全部背負う選択もあったのですが、10年前に実家を出ていたため、実家の方で転職するにも月々の返済額と生活費を計算しても、それに見合う仕事がなく。
悩んだ末に、実家を売却することにしました。
弁護士に相談したところ、まず、負の遺産のため、相続放棄の手続きをし、その後に実家を売却。
家の名義人は父と母の連名だったため、父の分は相続放棄で問題なかったのですが、母の部分が引っ掛かり、母には大変申し訳なかったのですが、破産申請をしてもらって家は競売にかけることで解決しました。

コメント
結局お家を売ってしまったという、悲しい事例ですね。
ただ、これも問題を解決するには致し方無い現実なんでしょうね。


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

万引きをしてしまった父親に対する悩み事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
多くの方にとって、父親は尊敬の対象でしょう。
自分を育ててくれた人ですし、人生の偉大な先輩でもあります。
でも、中には悪いことしてしまう父親も居るもので……



投稿者の方
M.N
奈良県
40代・女性



お悩み事例
父が万引きをしました。
少し呆けていたとはいえ、お店で見つかり、店長さんに注意されても反省のいろがないため、警察に連行されてしまいました。
母が身元引受けに警察へ行きましたが、その際も全く反省しておらず、もうダメだと母は思ったそうです。
母が何度も頭を下げ、父を連れて帰って来ました。
警察には、ご近所の方が働いていて、噂になるだろうと母は気にしていました。
私も母も、情けなくて辛かったです。




解決方法
母は、結局離婚しました。
家も売却することに決めました。
家は25年ほど経っていたので、あまり高い金額では売れませんでした。
それでも、母はもう離婚して、この場所から居なくなりたいと言いました。
父は、もともと田舎の人で、土いじりや畑の仕事が好きでした。
田舎に帰りたいと昔から言ってました。
こんなかたちですが、父は願いが叶って田舎へ帰りました。
私、妹、母で新しい生活が始まりました。
毎日、質素ですが気持ちは落ち着き、安心して暮らせました。




呆けていたことや、都会暮らしのストレス等があったのかな……と思うとお父さんもちょっと気の毒なような気もします。
ただ、やはり子供にとっては父親は倫理観を持った人物であってほしいものですね。



スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

父親が自己破産して全てを失った大学生のサバイバル

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
お金が無いというのも多い悩みです。
しかも自分の責任ではなくて、親の責任だったらより悲惨ですよね。
でも、そんな家庭の危機から奮起して自立した大学生のお悩み事例をご紹介します。


投稿者の方
富山県在住
Y.Mさん
20代・男性


お悩み事例
父親が失業し、自己破産手続きを行い、家から家財まで全て失いました。
父親は今まで住んでいた所から大分離れた地域にボロボロの借家を借り、飼い犬とひっそり住むようになりました。
当時私は大学生で下宿をしており実感がありませんでしたが、たまたま父親が住み始めた新しい借家に帰った時、あまりの酷いボロ家っぷりにようやく危機感を覚えました。
前の家は、誰もが「良い家」というくらい豪華な家であったのですが、ボロ家を見て自身の家庭がマズい状態になっているのだなと実感しました。
これから自分は無事大学を卒業できるのだろうか、下宿代はどうしよう等、これからの自身の身の振り方の悩みをしばらく抱えていました。


解決方法
 それまで自分の中で、金が無くなっても「親が何とかしてくれるだろう」という甘い気持ちがありましたが、無いものは無いのだから、とにかく自分に必要な金は自分で稼ぐという意識を持つようにしました。
 奨学金を借り始め、更に夜勤のバイトを週6で行い、学費、家賃、光熱費等、自分に係る全ての費用は自分で稼ぐようになりました。
在学中友人と遊ぶことは中々できませんでしたが、修羅場を潜り抜けた分、金の上手い使い方、危機が起っても動じないメンタルを身につけられたと思います

 

学生さんですが凄い自立心、サバイバル力です。
親のすねを齧った大学時代を送った私が恥ずかしいくらいです。
困難が人間を大きく成長させるのですね。
「自分のお金は自分で稼ぐ」
社会人も同じで、「会社から給料が当たり前に出ている」と思っているうちは稼げないし、出世できないんですよね……

スポンサーリンク
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索