楽な方楽な方へと流れていくのは仕方の無いことです
しかし、どこかで歯止めを掛けないと大変な事になってしまいます。
今回は極限まで流されてしまったお悩み事例をご紹介します。


投稿者の方
S.Mさん
福岡県在住
30代・女性


お悩み事例
大学を卒業して就職しませんでした。
あの頃は若く、就職するのは自由が奪われるとすら思いました。
あえてフリーターを選ぶ事で自由を得た気になっていました。
いざフリーターとして働いてもカツカツの生活費でした。
夜遊びにハマり楽なほうに逃げていたら家賃もでんわ代も払えなくなりました。
とうとう家賃滞納で、ドアに貼り紙をされました。マンションを出たら実家に帰る他ありません。
そんなの嫌です。
悩みました。


解決方法
酒を飲んで感情麻痺させ実家に帰り、親にお金を出して下さい、とお願いしました。
親は就職もせず、たまに電話したと思ったら酒焼けした声で話してくる娘に不信感を抱いているようでした。
実家に帰ってこいと言われました。それをなんとか説得してお金の工面をしてもらいました。
それからは反省して夜遊びをやめて給料は先に家賃や生活に必要なものに払って残りをおこずかいにすることにしました。


自由と生活…両立させるのは大変ですね。
生活するためには働かなくてはいけない、でも働けば自由な時間は無くなってしまう。
特に若い頃はそんなジレンマに悩まされますね。

楽な方へ流れていってしまう気持ちはよくわかります。
しかし、その流れをどう止めるか、いつ止めるかによって大きく人生が変わってくるのだなと考えさせられる事例でした。

歯止めが掛からなくて破滅する人も多いですしね……。

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村