重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

母親

姑とのトラブルでストレスを溜めていた嫁が取った行動とは?

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
M.Mさん
鹿児島県
30代・女性


お悩み事例
旦那さんの両親、特にお姑さんの重い悩みです。
結婚して新居に引っ越しが決まり、夫婦ともに仕事が忙しくなかなか新居の整備が出来ていなかった時期がありました。
旦那さんは大事な長男、一人息子の為、ずっとお母さんが献身的にお世話をしていたようです。
ある日、私の知らないうちに旦那さんが合鍵をお母さんに渡していました。
お母さんは鍵をもらって嬉しかったらしく張り切って新居に通い詰めていました。
しかも私達が出勤している間に。家に帰って冷蔵庫を開けると野菜が買い揃えられ、押し入れには防虫シートが敷かれ、シンク下には趣味ではないアルミの鍋、ザル一式などがズラリ。
朝慌てて仕事に行った日は1日中いつお母さんが家に来るかわからず怯えながら生活していました

解決方法
結婚してしばらくは我慢していました。
旦那さんの家庭はお母さんが何でもしてあげるのが当たり前の家庭だったらしく、相談しても助かるからいいじゃない?と前向きなコメントしか返ってきませんでした。
鍵を奪い返すしかない、と思いながらも理由が見つからないまま時は過ぎて、ハラハラドキドキの毎日を送り、何もしてくれない旦那さんにとうとう爆発してしまいました。
お母さんが買ってきた食料を投げつけ、ふざけるんじゃないよー!何考えてるんだー!と怒り狂って家出。
怯えた旦那さんは翌日には鍵を取り返してきました。
はっきり言うと効果絶大です。

コメント
嫁姑の関係の悩みは昔からずっと続いている問題ですよね。
今回はスカッとする解決事例ですね。
普段大人しくて怒らない人がキレた時ほど怖いものはありません。
相手に与える影響も大きいです。
たまには大声で自分の思いをぶん投げてやるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

新興宗教にハマった母親との生活

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
E.Rさん
神奈川県
20代・女性

お悩み事例
母が新興宗教にハマっていたこと。
自分が自宅に居るときは最低限の事(洗濯・居間の掃除・食事)はするが、それ以外のほとんどの時間は宗教の勧誘に使う。
そもそも家にほとんどいない。祖父母が生きていた頃は週の半分位の日中だけ、泊まりがけは月に3~4日程度だった。

小さい頃は祖父母がいなかったらネグレイト状態だった。絵本を読んでもらったことも、旅行に行ったことも、勉強を教えてもらった事もなかった。
宗教にハマった原因は、兄の引きこもりと私が高齢出産の難産で生まれたことによる産後の体調不良。
なにかあると、「宗教やってなかったら、あんたは生きて生まれてこなかった。私も生死の境をさまよう位出血した」と言われ、うんざり。
 
ひどくなったのは、祖父母が亡くなった私が中学生ごろから。
私もある程度身の回りのことは自分でできるし、文句を言う祖父母が亡くなったので、止めるものが亡くなった。
週5日は外に出ていて(仕事はしていない)、その上夕飯までに帰ってこないこともちょくちょく。
泊まりがけも、最低月に5日、最長2週間連続でいないこともあった。

一番怒りを覚えたのは、家族のために宗教をやっていると常々言っていたのに、中学と高校の入学式に宗教のイベントがあるからと欠席したこと。
高校のときの入学試験日も、就職試験の日も泊まりに行って家にいなかった。
祖父母が亡くなってからは、単身赴任していた父が自宅に戻ってきたことと、近くに父方のおじとおばが住んでいて気にかけていろいろ世話してくれたので、どうにか生活できていた感じ。


解決方法
父が亡くなってから実家に帰らないことにした。
最初の頃は、父も口で注意するくらいだったが、言うたびにさらに宗教にのめり込んでいく母に、そのうち手をあげるようになった。
それも嫌で、私は早く実家から出て就職したかった。

高校卒業して、就職先が東京に決まり、東北にある実家から逃げるように出る。
実家には盆と正月位しか帰らなかった。実家に帰っていたのも、父に会いに行くためだった。
就職して5年で結婚し、その2年後に子供が生まれる。
その直後、父が母が不在中に自宅で心筋梗塞で亡くなる。
遺体を発見するまで半日以上放置されていたらしく、ひどい状態だったらしい。
そんなことがあったため、葬式と初盆以降は実家に帰らなくなった。

夫も「帰りたくないのであれば、無理に帰らなくていい。俺の実家を自分のうちだと思ってくれていい」と言ってくれ、気持ち的に吹っ切れました。
おそらく次に実家に行くのは母の葬式になると思います。
兄弟や親族も母の状態を知っているので、誰からも責められたりしませんし、他の兄弟も最近は実家に帰っていないみたい。

夫の家族も親類も母の事を知っていても、それはそれと分けて考えてくれて、とてもよくしてくれます。
私が働いていた頃は、父も健在だったため少し仕送りしていましたが、(年間30万程)今は主婦ですし、そんな余裕はないので、一切送っていません。
今はだれからも援助してもらえなくなり、母は生活保護をもらって細々と生活しているようです。

コメント
信仰は自由ですが…人に迷惑をかけてはいけませんよね。
これほどまでに人間を変える。洗脳の力は怖いものです。


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

結婚相手の男癖が悪い母親と縁を切った事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Sさん
大阪府
20代・女性


お悩み事例
主人の母が男癖が悪く、お金の使い方も荒くて悩んでいました。
内容は不倫相手の男に貢ぐと言うもの。
それも、私と旦那のお金にまで手をつけていたのです。
旦那はトータル300万以上。私は約30万です。
外面は口がとてもうまく、息子をよしよしと異常に可愛がるタイプでした。
その為、旦那は騙し取られていたと、私と出会うまで気づかなかったのです。
発覚のきっかけは、婚約し、同棲した事でした。
主人の母は病気をし、何度か入院経験もあり、私は結婚してから2人の新居と旦那の実家を行ったり来たりする事になるのが目に見えていたので、同居した方が自分の負担が軽くなると考え、婚約してから3人で住む事になりました。
新居を探すまでは、主人の家に私がお邪魔している形だったので、同居して早々私がお金を管理すると言うと角が立つと思い、金銭面は主人の母に任せていました。
私達は月に5万出し合いながら生活していました。
3人とも仕事をしていたので、出しあったお金を使うことはほとんどありませんでした。
何かのきっかけで私が通帳を見る事があったのですが、暮らしてから半年ほど経っていたのにお金が全く貯まっていなく、むしろ入金されていない月もありました。
主人にも話、最初は自分の母親を信じたいと、私の話には耳を傾けてくれず、しかし、その後から段々と母の悪行が露になっていき、主人も母に金を取られていたと確信を持つようになりました。
母と直接話し合いになりましたが、病院代が100万かかったと丸分かりの嘘をついたり、子供のお金は親のお金だと言ったり、話しにならず、別居の話しになりましたが泣きわめいて話し合いになりませんでした。
何度話し合いをしても、話を変えて泣きます。
どうすれば別居に応じてくれるのか、話が通じるのか、人生最大に悩みました。


解決方法
まず、私の母親に相談しました。
変わった人だと言うことは何度か会って感ずいていたそうなので、すぐに私達の味方になってくれました。
私と主人2人で、主人の母を追い詰めてる様に誤解されてはいけないので、主人の母の実家(主人の祖父と祖母の家)に電話をしました。
祖父なら話を分かってくれるだろうと、主人は祖父に「母に何百万も勝手に使われていてほとんどお金がなくなってしまった。結婚式もあげてあげられるか分からなくて、男として彼女に申し訳ない。母になんとか言ってほしい」と訴えたのですが、「巻き込まないで欲しい」と言われました。
結局、旦那の親戚はあてにならない事が分かったので、私の母に協力してもらい、急いで新居を探し、夜逃げの様な形で引っ越ししました。
住所も教えていないので、主人の母とは無理矢理縁を切ったと言う事になります。
でも、そのお陰で私達2人は苦労せず暮らせています。


コメント

結婚は当人だけではなく、家同士の問題になります。
いくら結婚相手が良い人でも、親が問題を抱えている場合があります。
結婚相手だけでなく、その親もどういった人物かを見極めること。
そして、自分の味方(今回のケースで言えば自分の親)を作っておくことが大切だなと改めて感じました。


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

交際相手の家族とのお悩み事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
結婚は勿論、恋愛も当事者だけでなく家族が絡んでくる問題になり得ます。
今回はそんな家族との付き合い方を考えさせられるお悩み事例をご紹介します。



投稿者の方
S.Hさん
富山県
20代・男性
 

お悩み事例
当時同じ会社で働いていた12歳上の女性から告白され付き合うこととなりました。
しかし、その女性の母親が特殊な方で付き合い始めて一週間程してからその母親から直接電話があり、娘と別れなさいと言われた。
もちろん彼女に相談しましたが、私がなんとかするから別れてほしいと言われ一先ずは付き合い続けることにしました。
しかし、状況は改善せず、電話がかかってきては2、3時間文句を言われるという状況が続きました。



解決方法
付き合い始めてから一年ほどが経過した頃、彼女から他に好きな人が出来たといわれ別れることとなりました。
複雑な気持ちでしたがこれで怯えることもなくなると了承し、彼女とその母親の電話・メールを着信拒否をし、連絡が来ないようにしました。
また、他の事情も重なり退職することとなり二度と関わらないようにと決めて生活をしているうちに、連絡も来ず平和な生活を取り戻すことが出来ました。


コメント
失恋は辛いですが、別れたことによってしがらみがなくなり、新しい一歩を踏み出せた事例です。
人付き合いは大変ですが、あまりにも合わない場合は断ち切ってしまうのも1つの手段なのかもしれません。
寂しいことではありますが……。


スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

親から兄弟と差別され続けた悩みを解決した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
連休中、子供さんとゆっくりと過ごしている方も多いかと思います。
「お兄ちゃんは●●なのに…」と子供の頃に言われた方も少なくないと思います。
しかし、それが時に人生を狂わせる……
今回はそんなお悩み事例と解決策をご紹介します。



投稿者の方
Y.Iさん
北海道在住
30代・女性


お悩み事例
母親に幼少より他の兄弟と差別され、ほめてもらう事もなく、何かすれば説教をされ、やりたい事もさせてもらえませんでした。
唯一、絵を描けと言われたので絵を頑張って続けて美術の高校にも受かったのに、すべり止めに受けた高校の方が偏差値が高いのでそちらへ行けと言われました。
絵を描くことを望まれていると思って頑張ってきたのに、何もかも否定された気分でした。



解決方法
血縁は切れないけれど、親は普通に行けば先に亡くなるので一生の付き合いはないし、自分とは他人だと割り切りました。たまたま母親というものになっただけで、成人してしまえば関わらなくても生きていけるし、自分でなんでもできます。「親」という関係に縛られないで、付き合いも一生ではないのだからと思い、そういう人なんだと割り切る事にしました。そう思うと比較的、楽になれました。



親が先に居なくなる……良くも悪くもですね。
親だからといって完璧な人間は居ないという事ですね。
ちょっとさみしいような気もしますが、こういう割り切り方もあるのだなと勉強になりました。

子供をお持ちの親御さんにお願いです。
兄弟間であまり比較するような事は言わないようにしてあげてください。
ついつい言いたくなる気持ちもわかりますが、そうした比較が子供に劣等感をもたせ、心を傷つけてしまうので……


スポンサーリンク
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索