重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

近所や職場の協力を得ながら、認知症の母親の介護を進めた事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
E.Oさん
福岡県
40代・女性

お悩み事例
私は学校を卒業後、実家を離れ独立していました。
家族は、実家に住んでいます。
電車で一時間位の距離ですから、いつでも帰れるという気持ちがありました。
仕事の休みに日帰りで帰省したり、電話や手紙、宅急便で食品を送ったりと、私なりに離れて暮す高齢の母を気に掛けておりました。ある日帰省すると、ご近所さんから呼ばれ、実はね・・・・と切り出されました。
母は認知症と思われる症状を発症しておりました。
見た目や、足腰は元気である事から、誰も全く気がつきませんでした。
ご近所の方が仰るにはこうです。
夜はさびしいのか、突然、ニコニコしながらお茶を飲みに来たよといって遊びに来たりね、いや来てもらう分は一向に構わんのよ。
でもね、こんな田舎で、夜に足元でも滑らせたらねと色々心配してしまうから、これからどうするか少し考えてみてねとのこと。
信じられません。
家に戻り母に話を聞くと、そんな常識外れな事を私がするわけないでしょう。
昼間ならともかく、用事もないのに夜に近所に遊びにいくなんて!おかしなこと言わないで、
一緒にご飯でも食べましょうと全く取り合ってもらえず、話が噛み合いませんでした。
これをきっかけとして、更に進行していきます。

解決方法
昔から住んでいる人ばかりの田舎だから、数軒のご近所の方へ事情を話しました。
すると、確かに何か様子がね・・・と時折おかしいなと思う節はあったとのこと。
私は自身の連絡先携帯や住所、メールアドレスなどを書いたメモを渡して、何かあったら連絡してくださいとお願いしました。
ありがたい事に、ご近所の方の理解が得られ、何かできる事はこっちでするからねと、惜しみない協力と配慮を頂きました。
専門医に診断してもらうため、平日の休みを申請すると、上司や同僚で話し合いを持ってくれて、シフトを代わってもらいました。
但しこの調整は、のちの人間関係に影響を及ぼしました。
当時、世の中では、育児への理解は深かったものの、介護への理解はそこまで浸透していなかったからです。
前例があれば、話も通りやすかったと思うのですが。
しかし、私には周囲の協力・理解がないと何もできない為、平身低頭にお願いを繰り返し、最終的に母を施設へ入院させました。
ここまで、約一年かかりました。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

母と兄家族と不仲だったが、折り合いをつけた事例

ブログネタ
人、生きる意味 パート3 に参加中!
投稿者の方
M.M
愛知県
40代・女性

お悩み事例

私の家族は兄と母親で、私は職場の近くに住んでおりました。
その最中に母ががんを患い、そこからしばらくして兄が結婚をしたのはいいのですが、奥さんと母の折が合わず、兄たちは家を出ることになりました。
私が独身ということもあり、母を一人にしてはおけないと思い、実家へ戻って一緒に住むことになりました。
母が癌になる前に彼氏ができたのですが、家の話をすると、相手にも障害を持った母親がいて、結婚の際には実家(遠方)へ一緒に帰って欲しいとのこと。
自分の親を見捨てるのに気が引けて、彼氏と泣く泣く別れることに。
さらに辛いことに、母親から確認したところ、実家は兄名義で、母に万が一のことがあった際には私には何も残らず、その傍らで兄は好き放題。
母の癌が転移もなく無事に治った今でも、将来のことを思うと不安でした。

解決方法
彼氏のことは縁がなかったと素直に諦め、年齢もいい年で子供も望めそうになかったので、素直に現状を受け入れることにしました。
また、一番心配だったのが、兄に何かあった際には、兄名義の家を出るなり奥さんから買うなりしなければいけないと思ったのですが、兄が別途外で家を建てることとなったので、家の名義を変えてもらいました。
また、親や自分の万が一のために、貯金額を増やすことにしました。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索