重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

ママ友の悲しい別れを経ても前向きに生きている事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Tさん
静岡県
40代・女性

お悩み事例
今年の春に、仲良くしていたママ友との悲しい別れがありました。
彼女は乳癌を患っており、余命宣告を受けていたにも関わらず、最後まで前向きな姿勢で生きていました。
大切な一人娘を残しての早すぎる旅立ちはさぞかし無念だろうと思い、我がことのように辛く切ない気持ちでやりきれませんでした。
友人なのに、病気がわかってからも何もしてあげられずただただ、心配するだけで常に彼女のためにもっと何かできないかと自問自答の日々でした。

解決方法
訃報の連絡をご主人からいただいた時は、あまりにショックで認めたくない気持ちが強く、正直お別れに行きたくありませんでした。
しかし、とても辛かったけどしっかりお別れして思いっきり悲しみの感情を出しきったら前向きな考えができるようになりました。
彼女はご主人と彼女の母に可愛い娘を残し、私にも楽しい思い出を残してくれました。
生きていても会えなかった時よりも、現在は私の気持ちの中で身近に彼女を感じることができ、彼女の子に何がしてあげられるのか、彼女ならどうするかを考えながら毎日過ごしています。


コメント
友達思いのとってもステキな方ですね。
仲が良かった人がなくなるのは悲しいものです。
でも、その人はきっと、あなたの中で生き続けてくれます。
そして、残された人は、その人の分まで一生懸命生きなければいけませんね。
せっかくある生命ですもの。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

父の死による精神的なショックから立ち直った事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
T.Mさん
千葉県
20代・男性

お悩み事例
私が経験した重い悩み事は、不幸(不運)なことが重なってしまい精神的に不安定になってしまったことです。
始まりは、父が倒れてしまったことでした。
私は進学のために田舎から上京しておりましたが、急いで病院に駆けつけました。
父は一命をとりとめましたが、衰弱した父の姿、情けないと涙を流す父の姿を見て精神的に落ち込んでしまいました。
そのとき、大学のテストの時期であったため、大学には連絡をしたのですが、再試験のお願いにも取り合ってもらえず、留年が決まってしまいました。

解決方法
父の病気と留年が決まってしまったことが重なり留年をマイナスにとらえてしまっていましたが、時間が経つにつれて少しずつプラスにとらえられるようになりました。
もちろん学費は1年分余計にかかってしまうのですが、プラスにとらえれば1年間自分のしたいことができるといえます。
つまり私は物事をプラスに考えることで悩みを解決しました。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

酷いいじめによる自殺を思いとどまった事例

おはようございます。
一週間の始まり。
中には「辛いな」と思いつつ出勤・通学されている方も多いかと思います。
でも、お悩み解決事例を読んで頂き、ポジティブになって頂ければウレシイです。

さて、昔から学校に存在する「いじめ」問題。
時に自殺という悲しい結末に繋がってしまうにも関わらず、未だに解決されない社会問題です。
今回はそんないじめから見事立ち直った方からの解決事例です。


投稿者の方 
愛知県在住
T.Iさん
30代・女性


お悩み事例
中2の時、卒業までの2年間、いじめに遭っていました。
ですからその頃は、同じクラスに友達が1人もいませんでした。
という訳で、毎日悪口を言われながら、常に1人で耐えるしかなく、本当に辛かったです。
給食も、2年間毎日1人で食べました。
担任の先生は、そんな私を見て見ぬふりです。
大人なんかあてにならないんだ、と思い知らされた中学時代でした。


解決方法
「死ねば全てから解放される」と、自殺のことを考えるようになりました。
ですがある時、ふと気づいたのです。
もし自殺すると、私は永遠に悲しい気持ちのままの中学生です。
なのに、私をいじめているあいつらは、高校生になって、大学にも行って、友達増やして恋愛して、楽しく生き続けてゆくんだ、と。
そんなのはおかしい、死ぬのは私じゃなくて、あいつらだ!
そう思うようになってから、不思議と闘争心が湧いてきたのでした。

高校に進学してからはいじめも消え、嘘のように楽しい日々が待っていました。
あの時、自殺しないで本当に良かったと思っています。
いじめに遭っている子は、逃げ出して構わないのだから、絶対に自殺しないでほしいです。


一言
素晴らしいですね。
本当にT.Iさんは強い心の持ち主だと思います。
死ななかったからこそ、幸せな今を生きれるんですね。
本当に仰るとおりで、死んでしまっては元も子もありません。

いじめられるのは辛いですが、死ぬ前に考えてみてください。
死ぬのは逃げです。
死ななければ、長い人生で逆転できるチャンスがあります。
幸せな生活が待っているかもしれません。

学校を休んだり、転校するのは逃げではありません。
それは幸せに生きるための手段の一つです。
生きるだけで、チャンスはあります。
どうか、悩んでいても死なないでください。

今死のうと思っているなら、死ぬのを先送りしませんか?
今日解決案が見つかるかもしれませんよ。

私もいじめられていた経験もありますし、友達が1人も居なかったことも、学校でお昼を1人で食べたこともあります。
でも、今はしっかりと仕事して、ポジティブに生きていますから。
これも死ななかったからですよ。
環境はどうとでも変わりますから……




スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索