重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

就職

大学に通い精神的に病んでしまったが、退学したことで自分の生き方が見つかった事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
Y.Mさん
青森県
20代・女性

お悩み事例
大学に通っていたのですが、そこで学ぶ意義がわからなくなってしまいました。
元々学びたかったのは美術系だったのですが、両親に金銭的理由等で反対され、仕方なく選んだ大学でした。
最初こそは、ここでまた新しいことを学んで、いずれ自分の人生に役立てていこうと意気込んでいたわけなのですが、学んでいくうちにこれを学んで私は何がしたいのだろうと考えるようになりました。
 
漠然と大学を辞めたいと考え始めたのは大学三年の時です。
その頃にはやる気は地に落ち、単位数もぎりぎりでした。
しかし、学年担当の教授の言葉もあり、どうにか進級することができるようになって、もう一年頑張れば学歴は大卒になるからと、もう一度頑張ろうと思いました。
 
けれども、四年になり、変化が起きました。
大学に行こうとすると、頭痛、吐き気等が起きるようになり、それでも行かないとと、強迫観念に駆られ、大変辛かったです。
 
就職活動もしていたものの、説明会等で実情を聞いてみて、これは私が本当にしたいことではないし、趣味の時間が確実になくなると考え、最終面接まで進んだ会社も辞退しました。
そして、大学四年で退学することを決断しました。


解決方法
頭痛、吐き気等は、大学を辞めたことで収まりました。
今までの私はあるべき形に捉われ過ぎていたのかもしれません。

退学したことで、両親にも多大な迷惑をかけてしまいましたが、私の状態を両親も理解はしてくれたみたいです。
しばらくは家で休養し、さすがにこのままでは迷惑になると思い、近所でアルバイトを始めました。

確かに学歴を失い、中途退学の私を採用する企業は少なく、働けたとしても賃金は最低限ではありますが、適度に空き時間を作れるようになり、趣味を続けられている今の生活には、不安はあるものの満足しております。"

コメント
学歴がある=本当の幸せとは限らないですよね。
大学を卒業していても不幸せな人もいれば、大学は行ってないけど幸せな人もたくさん居ます。
学歴があったほうが世間的な評価も高いのですが、本当に自分らしい生き方とは何かということを考えて進路を選ぶことも重要ですね。


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

就職先が見つからず、お金に困窮し、ネット副業やフリマでしのいだ事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
M.Kさん
徳島県
20代・女性

お悩み事例
お金に関すること。
お金もなくて、借金も払わなければいけないけど、でも仕事もなくて就職先もなくて困りました。
人に借りるわけにもいかないしさらに借金するわけにもいかない。
就職先も求人雑誌を見て電話をしても「募集終わりました」とか家から遠かったりして、人と接することが苦手なので電話するにも一苦労です。
と言って親に相談することもできずに一人で抱え込んで悩んでました。

解決方法
お金に関してはどうもすることができなかった為、頑張って親に相談し助けてもらいました。
自分でできることは就職先を探したながらネットでの副業を調べ、地味に稼いだりフリマでいらない物を売ったりしてお金を稼ぎました。
それでも足りないけど、半分出してもらったりしてやりくりしました。
就職先は未だに見つかっていません。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

就職先を決められなかったが、親や友人のアドバイスやOG訪問で決断した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Kさん
岐阜県
20代・女性


お悩み事例
就職先をどこにするかということに最も悩みました。
やはり一生を左右することなので、どんな選択をするのが自分に最も合っているのかすごく考えました。
二つ候補の企業があったのですが、どちらも本当に良い企業で諦めるにも諦めきれないような会社でした。
企業に内定を受け入れるかどうかという返事をしなければならない期日まで、毎日のようにどちらがいいのか悩んでいました。


解決方法
友人や親などにどちらがいいと思うか相談しました。
ただ、友人や親は客観的な意見はくれますが、実際に会社の雰囲気はどうか、などといったことはその会社で働く人に聞かなければわかりません。
そこで、会社にOG訪問させてもらい、働く人の生の声を聞かせてもらいました。その上で、知名度・勤務地・社風・福利厚生・仕事内容などを包括的に考えて答えを出しました。



スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

仕事が長続きしなかったが、家族の結婚を機に就職した事例

ブログネタ
人、生きる意味 パート3 に参加中!
投稿者の方
N.Kさん
兵庫県
30代・男性

お悩み事例
大学卒業後、就職したのですが長続きせずに、半年で退職しました。
理由は仕事がきついと今ではすごく後悔していますが、簡単に就職活動をしたツケが後に回ってきた感じですぐに辞めました。
その後就職先が決まらず、2年間程引きこもりをしていました。
何十社とその後受けたのですがすぐに辞めた事がイメージを悪くし、中々就職が出来なく悩んだことがあります。

解決方法
一時期本当に何をしてもダメだったので就職することをあきらめた事もありました。
その時、丁度兄が結婚するということもあり、ぷー太郎の弟がいると言われるのが嫌で、何とか兄の結婚式までには就職を決めようと決心し、それから必死に就職活動をしました。
その甲斐あってか、兄の結婚式までには就職を決めることができました。
悩んでも結局は自分で解決、動かないといけないと思っていましたが、何かきっかけがあれば動きやすかったのかなと今では思っています。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

内定を複数もらい、思い悩みながら決定した事例

ブログネタ
いかに生きるか に参加中!
投稿者の方
岐阜県
S.Kさん
20代・女性


お悩み事例
就職先をどこにするかということに最も悩みました。
やはり一生を左右することなので、どんな選択をするのが自分に最も合っているのかすごく考えました。
二つ候補の企業があったのですが、どちらも本当に良い企業で諦めるにも諦めきれないような会社でした。
企業に内定を受け入れるかどうかという返事をしなければならない期日まで、毎日のようにどちらがいいのか悩んでいました。


解決方法
友人や親などにどちらがいいと思うか相談しました。
ただ、友人や親は客観的な意見はくれますが、実際に会社の雰囲気はどうか、などといったことはその会社で働く人に聞かなければわかりません。
そこで、会社にOG訪問させてもらい、働く人の生の声を聞かせてもらいました。
その上で、知名度・勤務地・社風・福利厚生・仕事内容などを包括的に考えて答えを出しました。



スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索