重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

子供

鬱病になってしまったが、子供を気長に説得して理解を得られた事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
R.Sさん
福井県
30代・女性


お悩み事例
10年前に鬱病を発症し、病気に関して理解を得られなかった旦那と話し合いの末離婚しました。
当時は発症して直ぐだったので病状も酷くなる前だったのですが、七歳と五歳の子供達との母子生活が始まりました。
旦那とは円満離婚できたので養育費の振込や定期的に合うなど離れた位置からの協力は得られましたが、思う様に病状が回復せず悪化していく一方でドクターストップが掛かり職を失いました。
病状の悪化で他者との関わりが困難になり子供達を学校や保育園に送り出す事もできない状態になっていきましました。
医師からは一時的に子供達を施設に預け治療に専念するように言われましたが、子供達と離れる事だけを拒否し続け何年も子供達をも巻き込んで引きこもり生活になりました。
自分の日常的な事すらできない状態になり収入もなく公共料金などの滞納なども積み重なっていきました。
あまりに病状の改善がみられず突発的な発作に見舞われ気付いたら病院のベッドの上という事も少なくありませんでした。
発症してから10年たった今も通院と内服治療は続いていますが、発症してからの五年程は自身のコントロールも日常生活もマトモに送れない状態の中で母子生活を過ごしていた事が一番、色々な面で悩みを抱えていた時期です。


解決方法
発症した頃は子供達も幼く、日に日に変わっていく私の姿を見て大きな不安感を与えてしまっていたと思います。
数年経った頃に子供達には理解は難しかったとは思いますが、私自身の病気を詳しく説明を繰り返し伝える様にしていきました。
その中で金銭的な部分も、持っていた通帳を全て見せるなど幼い子供に現状を知らせるのは早すぎるのではないかと思いながら曝け出し、医師から告げられていた施設に預け治療に専念するようにとの言葉と、自分は日常生活もマトモに送れない状態ではあるが一緒に居たい思いなど全てを見せる様にしました。
子供に心配かけたくないという思いはありましたが、自分の弱い部分や母として情けなく感じていた部分などを隠さず打ち明けていた事で子供達が私を守る様に変わっていってくれた様に思います。
8年ほど経ちアルバイト程度の社会復帰を果たせる様になった頃には子供達は高校進学という時期に差し掛かっていました。
自身でアルバイトしながら学費を負担してくれたり今現在も体調により働けなくなる事がある為、その様な時も体調を整えて再びアルバイトに出れるまで少しでもバイト代を家計に役立ててくれようと、一番の理解者となり支えてくれる存在になっています。

コメント
鬱病は、そうでない人にとってはなかなか理解されない病気ですよね。
誰でも鬱病になる可能性はあるのに……です。
鬱病という現実を自分で受け入れ、お子さんにも包み隠さず、理解してもらえるまで粘り強く説得をされているところが立派だと思います。
きっとお子さんも鬱病のことを正しく理解する、優しい人に育ったのではないかと思います。
本当に、鬱病は身近な人がどれだけ理解してくれるかによって大きく結果が変わってきますからね。


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

子供の摂食障害と引きこもりのお悩み事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
C.Iさん
佐賀県
60代・女性


お悩み事例
子どもが2人いますが、長女は摂食障害です。
ずっと一人暮らしをしていましたが、新型うつになって仕事ができなくなり、家に戻ってきました。
それまでは長女が摂食障害とは知りませんでした。
ずっと一緒に居れば隠せなくなり、食べては吐いていることを白状しました。
もう一人の子ども、長男はひきこもって11年になりました。
2年ほど前に発達障害がありそうだということが分かって、今年治療薬を飲み始めました。
現在どの薬が彼の症状に合うか試しているところです。
この2人の話は親戚には言えず、ずっと隠しています。

解決方法
長女は、また仕事を見つけて、家を出ました。
長く別居していたので、自分の家に居場所を見つけられず、喧嘩別れしました。
これが解決策かどうか分かりませんが、仕方がないと今は思っています。
息子の件はまだ、どうなるかわかりません。解決策はないかもしれません。
ただ救いは、自分のことは何でもできるし、家の手伝いもしてくれること。
好きなものづくりをしたり本を読んだり。彼は彼なりの人生をゆっくりと生きています。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

ダメな内縁の夫に苦しんでいる事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
K.Aさん
千葉県
30代・女性

お悩み事例
私は結婚詐欺の被害者のような感じです。
内縁の妻として彼を支えてきましたが、内縁の夫は家にかねさえいれずに私を地方の郊外の都市に住まわせそして子供も私に預けて外で仕事をする感じでした。
私は今は病気を患っています。子供のことが不憫でなりません。
私がつまらない男性に引っかかったばかりに、子供にまで苦しい思いをさせてしまってることがこの先の不安です。


解決方法
解決は出来ません。
内縁の旦那が帰ってきては暴力を振るう始末、そして子供がそれを泣いてとめる。
そんな中でも信じてやってきたのですが、私が病気になったとたんに看病にはあまり来ない外で女を作ってそして私は病院に入院させ、子供が面倒を見ています。
人生後悔しないで生きれて来れればいいと思っていました。
私が死んだ楽やんでも悔やみきれないでしょうね。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

夫婦生活のストレスを環境を変えることによって解決した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
家庭の悩み、特に夫婦関係の悩みはつきものです。
もともと夫婦は他人同士ですからね。
今回は夫婦の関係で重い悩みを持った女性が、その悩みを見事解決した事例をご紹介します。 



投稿者の方
H.Hさん
埼玉県
50代・女性



お悩み事例
夫婦問題でストレスが爆発寸前でした。
多感な子供に悪影響を与えない様にと、じっと我慢していました。
そして、ある時から不眠になり、食欲も無くなり、体重が減り、一日中リビングのテーブルの前でパジャマのままパソコンゲームのフリーセルを何度も何度も延々とやっていました。
私はウツだろうか。私はまだウツではないか。そんな事を考えながら数ヶ月が経ちました。



解決方法
そんな私を見て、子供たちは遠巻きに心配していました。私もこのままではいけない。
そう思い最後の力を振り絞る様に、学校に通う決断をしました。
職業訓練校です。半年間学生生活をすることにしました。幸いにも友人も一緒に通ってくれることになり、生活はガラリと変わりました。20代、30代の若い人、40代、50代の働き盛りの男性。
女性の中では私が最高齢でした。
それでも、毎日が刺激的でキラキラとした生活に変わりました。私は救われたと思いました。
私の様に環境を変える事が出来ない方もいると思います。
でも、自分が壊れてしまうくらいなら、その苦しみから離れる事も大切だと思いました。




家庭の外に生きがいを見出した事によって、見事お悩みを解決されたそうですね。
環境を変えることが良い影響を与えるのだなと実感します。
また、勉強をする、仲間を作るという事も大変良い生きがいになると思います。

いくつになっても学ぶということは大切ですね。
キラキラとした生活ということで、ステキな解決事例でした。





 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鬱病で働けなくなった時に家族から支援してもらった事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
いざというときに一番頼りになるのはやはり家族でしょう。
いつになっても親は親、子供は子供。
今回は家族の協力で悩みを切り抜けた事例を紹介します。



投稿者の方
Y.Yさん
石川県在住
30代・女性


お悩み事例
私は33歳の時に鬱病になり、仕事が出来ない状態になりました。
その時はまだ祖母が健在でしたので、お金の面は祖母にお願いし、私は祖母のお手伝いや介護を行っていました。
そして徐々に鬱病は改善していきましたが、37歳になってもまだ社会復帰が出来ていなかったんです。
祖母はその頃に亡くなってしまい、私は自分の貯金(祖母からいただいたお金を貯めていました)で暮らす事になりました。
そして職業訓練を受けに行って資格を取り、その資格を生かしたお仕事にようやく就くことが出来たんです。
しかし、勤め始めて半年でまた鬱病が再発してしまいました。
仕事は辞めざるをえませんでした。
そこで困ったのがお金のことです。
貯金はもう底をついてしまいそうでした。

解決方法
また鬱病になってしまったこと、これからの生活と療養にお金が必要だという事を、父と母に相談に行きました。
父は祖母の遺産を全額相続していたため、父が私の生活費の面倒を見てくれることになりました。
本来であれば生活保護の申請をするべきだったのかもしれませんが、祖母の遺産があったため申請せずに済みました。今はかなり節約した生活をしています。鬱病の治療は時間がかかりますが、お薬の効果もあり、ずいぶん良くなって来ました。
いつまでも父のお世話になるわけにもいかないので、かなり不安は伴いますが、これからまたお仕事を探して勤めようと考えています。
 

家族が残していってくれた財産は有り難いですね。
だからこそ、いざというときにしか使えないのですが。

親はいくつになっても親です。
本当に困っている時には親に相談するのがやはり一番ということでしょうね。
お金は別としても、長年生きてきた経験と、子供を一番良く知っているという点からのアドバイスが貰えるでしょうし。
自立するのも、たまに頼るのも、そちらも大切だと感じました。
 

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索