重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

大学

大学に通い精神的に病んでしまったが、退学したことで自分の生き方が見つかった事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
Y.Mさん
青森県
20代・女性

お悩み事例
大学に通っていたのですが、そこで学ぶ意義がわからなくなってしまいました。
元々学びたかったのは美術系だったのですが、両親に金銭的理由等で反対され、仕方なく選んだ大学でした。
最初こそは、ここでまた新しいことを学んで、いずれ自分の人生に役立てていこうと意気込んでいたわけなのですが、学んでいくうちにこれを学んで私は何がしたいのだろうと考えるようになりました。
 
漠然と大学を辞めたいと考え始めたのは大学三年の時です。
その頃にはやる気は地に落ち、単位数もぎりぎりでした。
しかし、学年担当の教授の言葉もあり、どうにか進級することができるようになって、もう一年頑張れば学歴は大卒になるからと、もう一度頑張ろうと思いました。
 
けれども、四年になり、変化が起きました。
大学に行こうとすると、頭痛、吐き気等が起きるようになり、それでも行かないとと、強迫観念に駆られ、大変辛かったです。
 
就職活動もしていたものの、説明会等で実情を聞いてみて、これは私が本当にしたいことではないし、趣味の時間が確実になくなると考え、最終面接まで進んだ会社も辞退しました。
そして、大学四年で退学することを決断しました。


解決方法
頭痛、吐き気等は、大学を辞めたことで収まりました。
今までの私はあるべき形に捉われ過ぎていたのかもしれません。

退学したことで、両親にも多大な迷惑をかけてしまいましたが、私の状態を両親も理解はしてくれたみたいです。
しばらくは家で休養し、さすがにこのままでは迷惑になると思い、近所でアルバイトを始めました。

確かに学歴を失い、中途退学の私を採用する企業は少なく、働けたとしても賃金は最低限ではありますが、適度に空き時間を作れるようになり、趣味を続けられている今の生活には、不安はあるものの満足しております。"

コメント
学歴がある=本当の幸せとは限らないですよね。
大学を卒業していても不幸せな人もいれば、大学は行ってないけど幸せな人もたくさん居ます。
学歴があったほうが世間的な評価も高いのですが、本当に自分らしい生き方とは何かということを考えて進路を選ぶことも重要ですね。


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

逆境を乗り越えて見事第一志望の大学に受かった事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
進学というのは受験する本人にとっても重い悩みですが、学校に行かせる家族にとっても同様に重い悩みと言えます。
子供にとっては学力の壁が大きくのしかかりますし、親にとってはお金の問題が深刻と言えましょう。
特にお金の問題は時に子供にプレシャーを与え、それが家庭をギクシャクさせる原因にもなりえます。
今回はそんな進学の問題をご紹介します。



投稿者の方
H.Hさん
兵庫県
10代・男性



お悩み事例
自分の体が弱く、薬のお金とか、兄の大学の学費とかで自分の家にはあまりお金が無くて、親がケンカする事が多かった。
昔からそんな雰囲気ではあったが、自分が大学受験する頃には、塾のお金とか、模試とか受験料とか入学費とかで、今よりも出費が増えて、家の雰囲気が重くなった。
家族間の会話もあんまりないし、家族か解散するかもしれないと不安があった。


解決方法
自分は、あんまり頭かいい方では無くて、テストとかも真ん中よりも下だし、模試の判定もE判定ばかりだったけど、勉強して国公立大を目指すことにした。
国公立大ならば、私立に比べ大幅に学費も安いからである。
なるべく安い塾に通って、デパートの休憩スペースにある大きな机で勉強したりして、成績も上がってきた。
結果的には受けた大学には全て合格して第一志望の所に通って、学費も節約できている。




H.Hさんにとっては、学力が足りない、お金もないという逆境をバネにして、みごと第一志望の国公立大学に合格されたという素晴らしい事例をお持ちですね。
悩みがあるからこそ、それを克服するために一生懸命頑張れる。
 
きっと今は幸せな大学生活を送られているのでしょうね。
そんな事例を読み、私も元気が出てきました!
これから本格的な受験シーズンになってきます。
受験生の皆様、ぜひ逆境を乗り越えて頑張ってください! 



 
スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索