重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

友人

友人からの依存を逃れた事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
K.Tさん
兵庫県
30代・女性

お悩み事例
職場の友達だったのですが、とてもマイナス思考な人で少し何かあるとすぐに相談をされていました。
知り合った頃は悩みを聞く事をそんなに苦には思っていなかったのですが、親しくなるにつれて頻繁に電話などでも悩みを相談されるようになりました。
 
1日に何度もかかってきたり、夜遅くになることもあり、段々縛られているような気持ちになりはじめて負担に感じるようになってしまいました。
同じ内容の悩みを何度も聞かされる事もあり、こちらがアドバイスしても結局同じ考えをぐるぐる回っているようで、私の意見はあまり意味がないのだろうかと感じることも多くあり、こちらが精神的にまいってしまいそうになってきました。
 
その子自身は悪い子ではないので、距離を置くこともうまくできず長い間苦しんでしまいました。

解決方法

電話をとる回数を減らしてみようかとか、別の予定をつくって誘いを断ってみようかと色々考えてみましたが、結果的には自分が結婚して職場を退職したことによって、少しずつ距離ができあまり相談される事もなくなりました。
 
職場にいる間だはずっと悩み続ける結果になってしまったので、もっと上手な距離の置き方があったのではないかと思う事があります。
 
元々人に対して顔色をみてしまったり、強く出られなかったりする部分があるので自分の性格を変えていくのが一番の解決策だったのではないかと思います。

コメント
自分は誰かに優しく接しているが故に、依存されてしまうこともありますよね。
しかも、依存してきた人がマイナス思考だと、自分にもその思考が移ってしまったり。
悩みを聞くのも大切ですが、ミイラ取りがミイラにならないよう注意も必要ということですね。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社内不倫で悩んでいたけど、信頼できる友人に相談して解決した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Oさん
宮城県
30代・女性

お悩み事例
社内不倫です。私は独身で彼は既婚者でした。
入社したばかりだったので、彼が結婚しているとは知らずに付き合い始め、その後既婚だということが発覚しました。
奥さんにも申し訳ないし、私もきちんと結婚を考えられる人と付き合いたかったので別れを切り出しましたが、彼は応じてくれませんでした。
それどころか、どんどんと束縛が強くなり、ストーカーに近いこともされ、怖くなってそれ以上強く言えなくなりました。
助けを求めたかったのですが、不倫相手という罪悪感があるため、誰にも相談出来ず長い間悩みました。


解決方法
まずは信頼できる友人に相談しました。
嘘はつかず、今までのことを全部正直に話したことによって、今まで思いつめていた気持ちが楽になり、冷静に考えることが出来るようになりました。
次に、彼に別れたいとハッキリ言い、強い意志を示しました。
今まで押しに弱かった私が急に強く出たので驚いた様子でしたが、彼の行動は変わりませんでした。
このままでは解決しないと思ったので、彼との縁を切るために、私は仕事を辞めて連絡先も変えました。
幸いなことに、それ以来彼から連絡がくることはなく、無事に解決することが出来ました。

コメント
やはり問題の解決には信頼がおける人に相談するのが良いという事例ですね。
話すことによって自分の気持ちにも整理がつきますし。
彼のせいで職を失ったことを余儀なくされたことは残念ですが、彼の行動が仕事にも影響を与えているなら、人間関係をリセットするという意味では良い選択だったのかなと思います。


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

自分の父親が友達と関係を持っていたお悩み事例

投稿者の方
A.Nさん
山梨県
30代・女性

お悩み事例
父親が、自分の親友と関係をもっていました。
私が高校2年生の時、親友と呼べる友達ができました。親の転勤が多く、転校は三回。
友達を作ることに疲れていた私を、いつもなにかと面倒をみてくれる子でした。
家にもよく遊びにきました。
親ともよく喋り、高3の頃になると、私が外出先から帰ると親友が家に上がっている・・ということもありました。
高校を卒業しても親友とは相変わらず仲がよかったのですが、ある日。探しものをするため、父親の部屋に入りました。
滅多に入らない部屋なので、なんとなくジロジロといろいろな場所を見てしまいました。
すると、デスクの上に一通の手紙が、開いたまま置いてありました。内容は・・その親友から父に宛てた、ラブレターでした。
どうやら、高校時代から関係があったようでした。私は全く気付きませんでした。


解決方法
私は耐えられず、家出同然で飛び出してしまいました。
学生で収入がなかったので、夜中までアルバイトをして、なんとか卒業しました。
あれから、一度も二人には会っていません。父からも親友からも連絡がきますが、拒否しています。
尊敬していた父と、親友からの裏切りは、一生許すことができないと思います。
あれから10年、二人はまだお付き合いをしているようです。この先、どういう方向になっていくのか・・入籍されたらどうしようかと、不安でしかたありません。

コメント
愛の形は様々あります。
本当に愛し合っているなら年齢差も、国籍も、家柄も関係無いと思います。
しかし…それが周りを不幸にするのであるものだけは許されないですよね。
私も親が不倫していましたが、A.Nさんと同じように裏切られたという気持ちがあります。
自分のためであれば、親とはいえ、距離を置くのも大切なことかもしれません。


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

友人関係に悩んで引きこもりになったが、チャットで諭されて立ち直った事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Rさん
大阪
10代・女性

お悩み事例
私はよく友達関係で悩まされることがあります。
女子によくある取り合いとか3人関係とかです。
私はよく真ん中の立場で両方から悪口を聞かされてとても疲れる役でしたが最後はその2人が仲良くなって私が1人になるという結末が大体です。
そんなくそみたいな人生を送っている私がだから言えることがあると思いかきこみました。
私は中学校で3人関係に悩まされました。お互いは私のことは好んでくれてるものの互いのことは嫌い合っていて先生に相談しても助けてくれず私はひきこもりになり二年間そとにでませんでした。

解決方法
それを助けてくれたのは親友と家族です。
私はネットの世界逃げました。するとそこにドラマみたいな話ですが嘘だと思って聞いて飲んでもらってもいいので聞いてください。
私はチャベリというチャットで女の方と出会いました。
多分その方の名前は本名じゃないと思いますがなめくじさんという名前でした。
私はその方から逃げてるだけだよという言葉をかけてもらいその時はとてもはらが経ちましたが親に相談するのその人は合ってるよ。逃げてるんだよと言われ私は逃げることは嫌いと言ってるのに自分は逃げたんだと思い恥を知り学校に行くことができました。

コメント
ひきこもりになっても、チャットというコミュニケーションツールが立ち直るきっかけとなったのは現代っぽいですね。
ひきこもっても、外部とのコミュニケーションを絶たなかったのが立ち直った要因になりましたね。
例え対面でなくても、コミュニケーションを保つということは重要だと思わされました。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

自分の言葉が友人の人生を変えてしまうかもしれないと思うジレンマ

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
M.Kさん
東京都
20代・女性

お悩み事例
友人などの相談に乗っていると、自分の助言で友人の人生の選択というか、友人の人生を決定しちゃうかもしれないことに真面目に悩んだときが一時期ありました。
私は結構姉御肌というか相談を受けやすいので、いろいろな自分の意見を相談者に言ってきましが、自分のせいで友人の未来が決まってしまうのかもしれないと考えるといつものように相談に乗れなくなってしまったり、白黒つかないグレーな回答をしてしまったりしていました。


解決方法
私の場合は、友人に対して、しっかりと自分の意見を言った上で、友人が私の意見を採用するかはわからないけど、変に繕うよりかは正直に言った方がいいという決断になりました。
人に相談して悩みを解決するようなことはありませんでしたが、自分の意見を言わないのは、相談してくれた友人に失礼なのかなと思いました。
悩みがあるときは、他人に相談するのもいいですが、自分なりに他者の立場にたって他者の意見や、悩みを解決した後の他者の気持ちを考えてみることが大切だと思います。

コメント
M.Kさんは友人思いの大変美しい心の持ち主なのだなと思いました。
自分の言葉が友人の人生を左右してしまうかもしれない…それで一生懸命悩まれる。
人の相談をこれほどまでに自分事に思えるのは立派だと思います。
是非、そういった優しい心を持ち続けて頂きたいと思います。
そして、意見をいう時は「あくまで私の意見だけど」と前置きをするのがいいかもしれませんね。
 

スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索