重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

事例

過度なダイエットから拒食症になったが復帰した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
そろそろ夕食の時間ですね。
今日のご飯は何かな?と楽しみにされている方も多いでしょう。
中にはダイエットのためにご飯を我慢されている方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、過度なダイエットは禁物。
拒食症になってしまうリスクもあります。
今回は拒食症から見事に復帰したお悩み事例を紹介します。



投稿者の方
Y.Kさん
大阪府
30代・女性



お悩み事例
思春期の頃、ダイエットを決意したのはいいのですが、初めての食事制限でのダイエットの成功に勢が付き、やりすぎて拒食症になりました。
身長155cmあったのに体重が35kgを切った時点で栄養失調に陥り点滴入院まで行きました。

点滴でカロリー摂取される位なら好きなもの食べて栄養付けた方がましだと思っていたにも関わらず、それでも食にとらわれていて、食べてはいけない食べてはいけないとずっと思っていて苦しかったです。


解決方法
まずは強制入院で栄養、体力回復を図りました。
そこから食事療法に入るのですが、そこで体重が増える際に恐怖とストレスをいかに少なくするかにつきます。
私は体重が増えるたびに周りの人から「食べていいんだよ、体重が増えてもいいんだよ、それでいいんだよ」となだめる様に見守っていてもらいました。
一人では絶対によくなりません、家族間でもこういう状態になってしまった患者を温かく受け入れることです。
世間の目とか馬鹿な子とか決して口にしてはいけません。



何事も過ぎたるは及ばざるが如しですね。
特に女性はダイエットされている方が多いですが、男性目線から見ると「そのままでも十分細いのに……」と思う人も多いです。
あまり周りの目は気にせず、程々が良いのではと私も思います。
ダイエットをして病気になってしまっては元も子もありませんしね。

因みに私は……典型的なメタボなのでもうちょっとダイエットを頑張らなければいけませんorz



 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ストレスのはけ口になってしまったが、気楽に向き合えるようになった事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
良い人ほど人の話を聞きすぎてしまって思い悩むことがあるものです。
今回は人のストレスのはけ口になってしまった悩みの解決事例をご紹介します。



投稿者の方
O.Tさん
東京都
40代・女性



お悩み事例
実の母親との関係が重すぎて、ずっと苦しい思いをしています。
母親は表向きは我慢強い人ですが、家庭内ではグチや暴言・批評などマイナスの言葉しか発しません。
父は人間にに無関心。弟妹は母の長い話が始まるとさっさと逃げ、逆らえなかった私が「母のグチの吸収体(依存先)」となっていきました。
その人間関係を土台として他の人とも人間関係を作っていくようになってしまったため、私の周りは「自分のグチを一方的に聞かせ、私の話には耳も貸さない、甘えのエスカレートした」人間関係ばかりになりました。
自分の話を誰も聞いてくれない状態は、苦しかったです。


解決方法
まず、しんどい人間関係を全部切ってしまいました。
歪んだ人間関係でしたが、すべての友人を一気に失うのは精神的なダメージが大きかったです。
しばらく鬱状態で休養しながら、カウンセリングに通い始めました。
そこでカウンセラーの先生に根気強くお付き合いいただき、「自分の意見を持つこと」「NOと言う自信を持つ(言っても嫌われるわけではない)こと」「人の強い言葉は受け流すこと」「自分で自分のことを否定する言葉を言わないこと」を、理屈だけではなく心の底からそう思えるようになるまで練習しました。
実の母との付き合い方は未だに「練習途中」ではありますが、「あの人と私は別の人なんだから、私が母の不満を全部真っ正面から受け止めなくてもOK」と思えるようになってきました。


O.Tさんはきっと良い人なのだと感じます。
ただ、愚痴や批判ばかり言われると、聞いている方も負の感情が芽生えてしまいますね。
かと言って、拒むことも出来ないというジレンマ……。

私も聞き手に回る事が多いので、そのお気持ちはよくわかります。
カウンセラーの先生のお言葉は、本当に悩んでいる全ての人に見ていただきたいですね。
全部受け止める必要はないし、聞き流すことは聞き流す……本当に大切なことだと感じました。



 
スポンサーリンク

就職氷河期に職探しに悩んでいたが見事就職を果たした事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
おはようございます。
3連休が始まって、「今日も仕事だなぁ……」と憂鬱な方も多いかと思います。
働くというのは辛いものですね。

でも、職がないのも辛いものです。
通勤中に悩んでいる方も居れば、就職活動中の方もいらっしゃるでしょう。
今回のコンテンツは就職活動中の方は必見ですよ。
就職氷河期に、なかなか仕事が決まらなかったけど、自己努力して見事お仕事を見つけた方の事例をご紹介します。



投稿者の方
D.Mさん
大阪府在住
20代・女性



お悩み事例
私が就職をする年は「就職氷河期」と呼ばれる年の始まりで就職先が全くと言っていいほどありませんでした。
事務の仕事を希望していたので求人情報誌で見つけた会社に応募開始から1時間以内に電話をすると「本日、募集を始めたのですがすでに10名以上の方から連絡があり一旦募集を打ち切りました」と言われる事が多く、面接まで行けても1人の枠に30人以上が面接を受けておりなかなか仕事が決まりませんでした。


解決方法
1つの会社を受けて結果を待つのではなく、次から次への面接に行きました。
それでも決まらずハローワークにも仕事の検索をしに行きましたが、なかなか事務の募集自体も少なくなってくる状況でした。
そこで私は「事務に役立つ力をもっと身につけよう」「履歴書でアピール出来るようにしよう」と思いハローワークで募集していた職業訓練に行きました。そこでウェブに関することを4ヶ月間学びました。
そして、4ヶ月目に職業訓練の就職募集欄からシステム会社の事務募集求人を見つけて受けました。
すると27人中の1人で受かりました。
面接をする側は何十人もの人を見て来ているので「人より何か優れて出来る事」をアピールすることにより印象に残り、見事受かることが出来ました。


如何でしたか?
職業訓練所に通って一生懸命スキルを得て、自己PRもブラッシュアップされて、見事に就職に成功されて、素晴らしいと思います。
私も転職活動していた時には30社くらい受けました。
最初は一次面接で落とされまくっていましたが、自分のスキルを棚卸して、自己PRをブラッシュアップして、更に面接にも慣れてきたら、どんどん面接に通る事が出来ました。

仕事がなかなか見つからないと悩んだ時もありました。
でも受け続ける事によってどんどん慣れて、改善点も見えてきて、PRも良い物になっていきます。

なかなか受からなくても諦めずに受けることが大切なんだなと感じました。


 
スポンサーリンク
  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

片思いの彼との接し方に関する悩み事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
さて、夜も更けてきました。
週末の夜なのでデートという方も多いかと思いますが、恋愛には悩みがつきもの。
今回はそんな恋愛の悩み事例をご紹介します。



投稿者の方
J.Dさん
青森県
30代・女性



お悩み事例
今まで10年間片思いをしている男性がいて、その人とは回りには言わない約束で肉体関係を持っています。
でも他の女性と仲良くしているのを目撃をして、ヤキモチを妬いてしまい、飲食店で働いている彼のお店を出禁にされてしまいました。
3ヶ月彼と連絡もとれず、闇のような生活を続けていました。
彼の噂を聞くと過呼吸になったり、酔って気付いたら体が引っ掻き傷だらけで、本当に苦しい期間でした。


解決方法
周りの彼との共通の友人が、私をまた店に出入りしていいように仕向けてくれました。
おかげでまた彼とは元通りの関係を続けていますが、本当の解決ではないような感じもしています。
最近になって彼は少しだけ、私を特別扱いしてくれていますが、それも周りには内緒だと言われています。
ただ昔より楽になったのは、私の気持ちの変化でしょうか。
彼を好きでいるなら、あまり周りを気にしない事。彼の負担にならないように気遣う事。
そうすることで彼の私への対応が変わってきたので、やはり変えるべきなのは自分なのだと思いました。



恋愛の悩みは正解や不正解がわからず、これといった解決方法が無いのが辛いところですね。
好きだからこそ、苦しんで、悩んで、重くなってしまうこともありますよね。
でも、誰かに相談することによって協力してくれたり、アドバイスをくれることもあるので、素直な気持ちを相談してみるのも良いかもしれませんね。
相談するだけでも気持ちは軽くなりますしね。

片思いが成就すること願っています。

 
スポンサーリンク
  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索