重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

上司

仕事でスランプに陥ったが、相談した上司の言葉で奮起、克服した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
K.Kさん
鳥取県
30代・女性

お悩み事例
ベンチャー企業で営業をしていたころです。
入社当初は同期の中でも成績は上位で表彰にノミネートされるくらいでした。
ところが、1年ほど経ったころ、思うように成果が出せなくなりました。
新人だからと発注をしてくれていたお客様(企業様)が、もう新人とは見てくれなくなっていたのです。
社内では成績上位者のみがちやほやされる環境。
会社への貢献、社会貢献どころか、会社のお荷物とさえ思うようになり、退職も考えるほど深く悩むようになりました。


解決方法
上司との面談の際に、悩みを正直に打ち明けました。
その上司に言われたことは、「仕事での悩みは仕事でしか解決できない。」という言葉でした。
こうして私自身も、今逃げて退職してもまた同じことを繰り返すだけだと思うようになりました。
そこからは新人に戻った気持で、お客様のことを深く知る努力をし、休日も惜しまずとにかく成果を上げることに注力しました。
その結果、成果も上げられるようになりました。



スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

夫が上司との人間関係によって鬱になったが、人事異動で解決した事例

ブログネタ
人、生きる意味 パート3 に参加中!
投稿者の方
Y.W
北海道
40代・女性

お悩み事例
数年前の事ですが、主人が会社との上司との折り合いが悪く心身共に病んでしまい、家庭内においてもほとんど部屋から出ずに会話がなくなり、かわいがっていた小学生の一人娘にもまともに接する事ができなくなりました。
私は理解しつつも、何を話しかけても、無反応もしくはあたり散らされどうしていいのかわからなくなりました。
苛立ちと腹立たしさがつのり非常に辛い毎日でした。


解決方法
主人が会社に転勤のお願いをし、2年後にやっと決まりました。
私と娘も一緒に行きたいといいましたが、娘の仲良しのお友達との別れや教育の事、主人にも一人になる時間が必要だと思い単身赴任する事になりました。
今では折り合いの悪かった上司とも口うるさい私とも離れ、少しずつ体調も復活し元気を取り戻しつつあります。
道内なので、月に一回ではありますが帰省してくれたり、娘が一人で遊びに行って帰りは送ってくれています。
この経験をふまえて、私は主人への接し方や話し方等を今まで以上に気を遣うようになりました。
他人行儀のような感じもして正直こんな夫婦って?と思いますが、何よりも娘が父親に会える事がうれしくて、私も限られた家族3人の時間を大切にしたいのでこれでいいのだと言い聞かせています。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

職場で上司との関係に悩みを解決した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
仕事は好きだけど、上司と合わない…そんなときもありますよね。
中には仕事の足を引っ張ってしまう上司も居て困ることも……
今回はそんな上司との関係の悩みを解決した事例をご紹介します。



投稿者の方
T.Sさん
愛知県
20代・男性



お悩み事例
仕事等で家を空ける保護者から小学生を預かる学童保育のバイトでのことです。
私は当時3年間他の学校で学童の仕事を続け、4年目に入った4月に別の小学校に異動になりました。
異動自体は仕事上よくあることなので快くとは言いませんがそれを受け入れ、新しい学校にて頑張ろうと思い仕事に臨みました。
しかしそこで待っていたのは仕事を他人に押し付け、自らの責任さえも負わない主任と副主任でした。
この仕事は児童と関わり、関係を作りながら向き合っていくことが大切なのですが勤務時間になると書類仕事。児童が運動場などで遊ぶときに「先生も一緒に遊んで」と頼まれても、主任と副主任はそれを断り談笑する始末。児童が目の前で他の児童に暴力をふるっても注意しない(完全にイジメでした)といった見事なクズっぷり。挙句の果てには自分の目の前で起こっている問題に「ちょっと○○先生、この問題解決しといて」なんて言ってました。
そんな2人に児童がいうことを聞くはずもなく、そこの学校の学童保育は俗にいう学級崩壊というものを起こしていました。しかもその学校の問題は前年度から上がっていたにも関わらず、コーディネーターと呼ばれる各学校を担当する部長的な上司はそれを知りながら放置していました。
自分自身この現状を何とかしたいとコーディネーターに相談し、その学校で頑張ったのですが結局主任たちの元々の行いもあり、学級崩壊から崩壊寸前レベルにしか戻せませんでした。教育実習やそれまでの学童保育での経験史上初めての挫折でした。



解決方法
最終的な私の進退としてはその会社を辞めました。
自分自身バイトの身でありその後にどのような人生を歩むとしても、児童に悩まされることは私自身のレベルアップにつながると考え、より頑張って続けることも出来たかもしれません。
しかし私は「あんな上司の下で働いていても自分はダメになるばかりだ」と思い立ち一度教職系の仕事から離れ、リゾートバイトやゲームのデバッグなど様々なアルバイトを経験しました。
様々なバイトを頑張りましたが、結局自分は子どもと関わって仕事がしたいと現在教員になるため勉強中です。
仕事を辞めることは大変勇気のいることですが、今となってはあの時仕事を辞めていなかったら、子どもたちのことを嫌いになっていたかもしれません。ちなみに私が辞めた後、教育委員会に報告されたらしく主任と副主任、問題を放置していたコーディネーターは解雇されたと元同僚から聞きました。新しく入った先生は良い方で、その学校の問題は徐々に改善に向かっているそうです。
だからこそ私は仕事を辞めたことはその時の問題を解決する方法としてはもっともよかったのではないかと今でも思っています。



結果的に会社を辞めたことが、T.Sさんのプラスになったようですね。
上司と物理的に離れる……というのも1つの手です。
(と言えるのは、私も転職経験があるからなのですが…)
困った上司が居て、会社の展望が見えないならなおさら。
職場は1つだけではないですからね。


 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

信頼できる管理職に相談してパワハラから開放された事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
パワハラ……社会人にとっては重い…というか深刻な悩みです。
パワハラが鬱に繋がって、休職や退職をされる方、あるいは自殺にまで追い込まれる方も少なくはありません。
でも、そうなる前に誰かに相談すれば、道はひらけるかも知れません。
今回は、パワハラを相談することによって上手く解決した事例をご紹介します。



投稿者の方
N.Tさん
神奈川県
40代・女性



お悩み事例
20代後半の事です。今でも忘れられない経験です。社員は私を含め4人。女性二人の男性2名。小さい店舗でした。
入社してから私は要領が悪く、よく失敗をしていました。
自分でも治そうと努力していましたし、ノートにつけて復習したりとしていました。
そんな私を見て上司に当たる人から徐々にパワハラ的な事を受け始めました。
最初は私が覚えなくてはならなかったことを中々覚えられずそのたびに社員控室へ連れて行かれ説教をされました。
それは仕方ないと思い受けていましたが、段々エスカレートしてゆき、ある日私はそんな考え微塵もなく、退社後にどうしても連絡しなければいけないが、帰らないといけなく、本店でまだ残業するという担当にお願いをしました。
次の日上司に控室に呼び出され烈火のごとく怒られしまいには「あんたやり方がきたねぇよ」と言われ、困惑と悲しみがありましたが、ただ謝るしかありませんでした。
何がいけなかったのかいまだに理解ができません。
引き継ぎの方にも事情を説明し理解して頂きましたから。
そんな事があり毎日びくびくしながら仕事をしていましたが、遂に何か書類がなくなったりすると真っ先に私が疑われ、隠したんだろ?正直に言ってくれと。
決定的なのは、私の一つ上の先輩が顧客の情報を誤入力し、大変な失敗をしていて、それが私だったらきっとどんな目に合うかと想像していたら、その上司はニコニコして「もう・・仕方ないなぁ」といい終わりました。
なんなのこの人・・私にはどんな小さなことでも呼び出して説教するくせに。
後から聞いた話ですが、お気に入りだったそうです彼女のこと。
知識がなさすぎると言われ、毎朝新聞かニュースを見て、朝の朝礼で発表しろと言われ、毎日苦しくなりました。
もう精神ぼろぼろになりながら通勤していましたが、限界に近づいていました。辞めたい・・しまいには先輩社員に「向き不向きがある、辞めた方がいい」と言われ、何でそこまで言われなければ・・と思いました。



解決方法
本店の支店長が変わり、本店の上司が、私の毎朝の発表事を耳にして連絡してくださりました。
私も状況を伝えどうしていいのか悩みを打ち明けました。
新しい支店長は若くして支店長になった頭の切れる方で、すぐに私の現状を理解してくださり、どう解決したらいいのかと考えて頂けました。
結果、私の本店異動、社員交代になりました。
本店では最初に話を聞いてくれた上司に「よく耐えたよ。ひどい話。」と慰めて頂けました。
それから数カ月後、たまに応援で、その支店に戻ることがありましたが、以前の態度はなく、何もなかったかのようになりました。
この時の本店の方々には本当に感謝しています。あのままでしたらきっとメンタル面で潰れていたかと思います。



パワハラはなかなか人に相談できない悩みです。
でも、誰か権限のある人に相談すれば、部署異動などで対応してくれ、解決出来る道も残っています。
パワハラをしている人の上司、あるいは隣の部署の管理職など、権限を持った人や会社の上層部に話が出来る人で、信頼のおける人に相談してみると良いかもしれません。

なにもパワハラしている人のために会社を辞めたり、自殺する必要はないのですから……
きっとあなたに味方してくれる人が現れると信じましょう。

社内の人に相談しにくかったら、カウンセラー等の専門家に相談するのも手ですね。
一人では悩んで思いつめるのが一番危険ですから……



 
スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索