重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

パワハラ

パワハラによって社会不安障害になったが、メンタルクリニックに通うことによって改善された事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
N.Hさん
香川県
20代・女性

お悩み事例
社会人5年目の時、社会不安障害と診断されました。起因となるのが上司のパワハラです。
もともと恥ずかしがり屋で緊張しいではあったのですが、普通の範囲内で何も問題なく日常を過ごせていました。
 
そんな中、他の支社から転勤してきた上司が他の男性社員を毎日目の前に立たせ罵倒するようになりました。
私は直接的な被害を受けていないのですが、他の社員が受けているパワハラを見ているだけでこちらまで精神状態が不安定になり、上司に話しかけられるだで頭がクラクラし、今まで何ともなかった朝会や会議での発表の際ですら、緊張して足ががたがた震えるようになってしまいました。


解決方法

このままでは仕事もしづらくなると思い、メンタルクリニックに通いました。
もともとメンタルクリニックや精神科なんて私の人生に一生関係ないだろうなと思っていたので、クリニックに予約の電話をするまでは本当に悩みましたが、本当に行ってよかったと思います。
 
社会不安障害と診断され精神安定剤をもらい、お守り代わりに持ち歩くようにし、緊張する場面だけ薬を飲むようにしているうちに症状も軽くなりました。
 
結局のその上司はパワハラで左遷されたのですが、それでも症状は完璧抜けたわけではありません。

コメント
パワハラによる心の病は本当に多いですね。
そして、精神的に辛くても、「自分が心の病ではない」と思いたいがために、誰にも相談できない事があります。
このサイトでも何度か申し上げましたが、まずは心が疲れていることを認めてあげるのが大切。
 
心療内科に行くのは勇気が要りますが、悪いことではありません。
ご自分の状況を自分で受け入れ、まずは誰かに相談してみるのが解決の糸口になると思いますよ。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

パワハラに遭って味覚障害・鬱病になったが、休職して病院に通い、転職した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
K.Sさん
岡山県
50代・女性

お悩み事例
職場で今で言うパワハラにあいました。
いつも誰かをターゲットにして 意地悪をするというタイプの上司ではありましたが、何が原因なのかが、はっきりとわからないままに担当していた仕事を次々に取り上げられ、嫌みを言われながら、それでもまだ我慢できるかなぁと自分に問いかけながら仕事に行く毎日でした。
しかし、そのうたに味覚障害になり、なにを食べても苦味しか感じられないようになりました。
週末、土曜の夜には、あと一日休みがあるにもかかわらず、だんだんと気持ちが落ち込んで行き、日曜の夕方になってくると、もう最悪の落ち込みになりつつも、月曜には出勤できたりできなかったりでずるずると働いている毎日でした。


解決方法
味覚障害も気になっていたので とりあえずは病院で薬を処方してもらいました。
ともだちが総合病院に勤めていたので、診療内科に予約をとってもらい、受診しました。
大丈夫と言われたら、もう少し我慢して勤め続けようと思っていましたが、明日から休みなさいと診断書をもらい、すぐに会社に連絡して休むことができました。
その上司と関わらなくなってから、病院で何度か診察も受けながら、少しずつ鬱状態にならなくなり、味覚障害も何ヵ月か後には治って来ました。
今は新しい仕事をしていて元気です。
あんな人には二度と関わらないように、さっさと逃げなきゃと思っています。

コメント
日曜日の夕方。
サザエさん症候群は大丈夫ですか?
明日の事を考えると憂鬱になる方も多いかと。

パワハラは今の御時世多いですよね。
それにともなって鬱になるのも定番のコースとなりつつ有ります。
どうしても環境が変わらないのであれば…病院に行ったり、転職するのも1つの手段ですよね。
病院に行くのも、転職するのも、逃げではなく、自分の体のためですから。


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

家族のサポートのお陰でパワハラ休職から復帰した事例

ブログネタ
心のドアと、こころの窓 に参加中!
投稿者の方
F.Tさん
愛知県
40代・男性

お悩み事例
職場でパワハラに遭いました。仕事中、休みなく罵詈雑言を浴びせられて、仕事にも人間関係人も疲れはて生きることも辛くなりました。
結局、うつ病で休職に追い込まれました。休職中は最悪でした。仕事にすらいけない自分にうんざりしました。
本当に死にたくなるくらい辛くて、何度も自殺をしようと思いました。結局、自殺はしませんでしたが人の視線が怖くてしょうがなかったです。
私の被害者妄想かもしれませんが、みんなの視線がダメ人間と言っているようでした。

解決方法
時間と職場から離れられたのが大きかったです。職場から離れることで、客観的に仕事と人間関係を見ることが出来ました。
そして、ダメな自分を認めることで受け入れることで平静な気分になりました。それとなんと言っても家族のサポートが大きかったです。
一人では、解決できない問題も、家族や周りのサポートがあれば解決出来ます。常に、家族や周りのサポートを受けられる人間関係を築くことがあ大切です。




スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

信頼できる管理職に相談してパワハラから開放された事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
パワハラ……社会人にとっては重い…というか深刻な悩みです。
パワハラが鬱に繋がって、休職や退職をされる方、あるいは自殺にまで追い込まれる方も少なくはありません。
でも、そうなる前に誰かに相談すれば、道はひらけるかも知れません。
今回は、パワハラを相談することによって上手く解決した事例をご紹介します。



投稿者の方
N.Tさん
神奈川県
40代・女性



お悩み事例
20代後半の事です。今でも忘れられない経験です。社員は私を含め4人。女性二人の男性2名。小さい店舗でした。
入社してから私は要領が悪く、よく失敗をしていました。
自分でも治そうと努力していましたし、ノートにつけて復習したりとしていました。
そんな私を見て上司に当たる人から徐々にパワハラ的な事を受け始めました。
最初は私が覚えなくてはならなかったことを中々覚えられずそのたびに社員控室へ連れて行かれ説教をされました。
それは仕方ないと思い受けていましたが、段々エスカレートしてゆき、ある日私はそんな考え微塵もなく、退社後にどうしても連絡しなければいけないが、帰らないといけなく、本店でまだ残業するという担当にお願いをしました。
次の日上司に控室に呼び出され烈火のごとく怒られしまいには「あんたやり方がきたねぇよ」と言われ、困惑と悲しみがありましたが、ただ謝るしかありませんでした。
何がいけなかったのかいまだに理解ができません。
引き継ぎの方にも事情を説明し理解して頂きましたから。
そんな事があり毎日びくびくしながら仕事をしていましたが、遂に何か書類がなくなったりすると真っ先に私が疑われ、隠したんだろ?正直に言ってくれと。
決定的なのは、私の一つ上の先輩が顧客の情報を誤入力し、大変な失敗をしていて、それが私だったらきっとどんな目に合うかと想像していたら、その上司はニコニコして「もう・・仕方ないなぁ」といい終わりました。
なんなのこの人・・私にはどんな小さなことでも呼び出して説教するくせに。
後から聞いた話ですが、お気に入りだったそうです彼女のこと。
知識がなさすぎると言われ、毎朝新聞かニュースを見て、朝の朝礼で発表しろと言われ、毎日苦しくなりました。
もう精神ぼろぼろになりながら通勤していましたが、限界に近づいていました。辞めたい・・しまいには先輩社員に「向き不向きがある、辞めた方がいい」と言われ、何でそこまで言われなければ・・と思いました。



解決方法
本店の支店長が変わり、本店の上司が、私の毎朝の発表事を耳にして連絡してくださりました。
私も状況を伝えどうしていいのか悩みを打ち明けました。
新しい支店長は若くして支店長になった頭の切れる方で、すぐに私の現状を理解してくださり、どう解決したらいいのかと考えて頂けました。
結果、私の本店異動、社員交代になりました。
本店では最初に話を聞いてくれた上司に「よく耐えたよ。ひどい話。」と慰めて頂けました。
それから数カ月後、たまに応援で、その支店に戻ることがありましたが、以前の態度はなく、何もなかったかのようになりました。
この時の本店の方々には本当に感謝しています。あのままでしたらきっとメンタル面で潰れていたかと思います。



パワハラはなかなか人に相談できない悩みです。
でも、誰か権限のある人に相談すれば、部署異動などで対応してくれ、解決出来る道も残っています。
パワハラをしている人の上司、あるいは隣の部署の管理職など、権限を持った人や会社の上層部に話が出来る人で、信頼のおける人に相談してみると良いかもしれません。

なにもパワハラしている人のために会社を辞めたり、自殺する必要はないのですから……
きっとあなたに味方してくれる人が現れると信じましょう。

社内の人に相談しにくかったら、カウンセラー等の専門家に相談するのも手ですね。
一人では悩んで思いつめるのが一番危険ですから……



 
スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

職場で言葉の暴力を受けた時の事例

代一弾目のお悩みと解決策です。
サザエさん症候群まっただ中の私ですが…(苦笑)
職場の悩みというのはよくありますよね。
最近はパワーハラスメントという言葉も定着しています。
今回はそんなパワーハラスメントの悩みと解決事例です。


投稿者の方
岐阜県在住
S.Yさん
30代・女性


お悩み事例
職場の直属の上司とそりが合わなかった上に言葉の暴力を受けていて、
毎日、仕事に行くのが苦痛になってしまったことです。

当時いた部署は、スタッフが、私と上司の2人だけの部署だった上に、事務室も他の部署とは独立していたため、仕事時間は、ずっとその上司と2人きりだったので、辛い気持ちのはけ口が一切なく、毎日辛い気持ちを押し殺して仕事をしていました。

どうしたらその状況を脱することができるのか分からず、毎日、1人で悩み苦しんでいました。


解決方法
まず、誰にも悩みを打ち明けられない状況が辛かったので、藁にもすがる思いで、職場の健康保険センターに行って、カウンセリングを受けました。

そのカウンセリングの際、カウンセラーの方に「あなたはパワーハラスメントを受けている可能性がある」
と指摘され、カウンセラーの方が、私の上司の上役の方に連絡を取ってくれ、パワーハラスメントの解決に動いてくださいました。

その後、私と上司の双方に事情聴取があり、私が受けていた仕打ちがパワーハラスメントであると実証されました。

結果的に、上司から謝罪があり、パワーハラスメントは解消され、その後は、大きなトラブルもなく仕事をすることができました。

思い切って職場の健康保険センターに行ったことが、解決の糸口になったと思っています。



如何でしたか。
私も言葉の暴力ではないですが、パワハラを受けていたことがありますのですごく気持ちがわかります。
今回の方と同様に、カウンセラーに相談したことで精神的にもスッキリしました。
一人で悩まないで、誰かに相談するだけでも心が落ち着きます。
結局私は転職しましたけどね。 

明日は月曜日ですが、よっぽど酷いようならちょっと休息して、元気に働ける方向性を考えるのも手なのかなと思います。
無理して会社に行くだけが正義ではありませんから……

 


スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索