重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

トラウマ

テレビに出ている女装タレントを見てトラウマになった事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
K.Oさん
群馬県
20代・女性

お悩み事例
M(女装タレント)が出た時にびっくりしすぎて悪影響を受けました。
一人暮らしを始めたばかりの時で、ふとテレビをつけたらすごい変なひとがでてきたと思って、びっくりしない程度に世の中に合わせながら生活をするはめになりました。
気にしなきゃ良いのは分かっていますが、世の中を全否定しているかのような感じだし、いまだに怖いなと思っています。
気づいた時には遅かったなとなりましたが、嫌だなと思いました。気にしなきゃ良いとかの話なのかなと思います。


解決方法
ふと体調が悪くなってトイレに駆け込んだ時です。
大変てあんなんじゃないなと思いました。
世の中に変な人がいなきゃ楽なのになと思っていますし、真っ当にちゃんとやっている人達に理解が無いなと思います。
不審者が近くに出ただけで、全校集会になるのが世の中なのに、あんな変な感じの人が出てよくいいなと思っています。
昔もいたんだろうけども、学生として一人暮らしをし始めた若い子達に、悪影響を与えないでほしいと思いました。

コメント
生理的に受け付けない人って居ますよね。
テレビだからチャンネルを変えれば…と思う方も居るかもしれませんが、写った時点でアウトなんですね。
確かに女装タレントは私も好きではありません。
ブームだから仕方ないのかもしれませんが、もうちょっとテレビ局も考えてほしいものですね。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

幼少期のトラウマを乗り越えて、精神的な安定を得た事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
Y.M.さん
埼玉県
40代・女性

お悩み事例
幼少期にある事情により親戚の女の子(5歳以上年上)と同居していました。
子供の5歳はだいぶ体力的にも精神的にも違います。
今なら「彼女もストレスがたまっていたのだろう」と思えますが、何かにつけ理由なく殴られるのは辛く、学校でもいじめられるようになっていきました。
希死念慮は明確に覚えているのが11歳の時。いまだに消えません。
唯一ともいえる夢というか目標があったのを彼女につぶされてからは、
自分の目標を立てることができず、誰かの言いなりに生きています。

解決方法
根本的には何も解決していません。
逆に年々ひどくなります。自殺未遂をしてからは、
生きるために自傷行為をするようになりました。
結果的には心療内科に行って(不眠症も併発していたので)、薬物治療で多少楽になりましたが、一生解決はしないものとしてうまく付き合う方法を探しています。
精神的にも脳の機能的にも若干問題があるそうなのでしょうがないですね。
彼女に対する具体的な方策は、「物理的に離れ、近寄らない」これが一番効果的だった気がします。
何年も会っていませんが、今が一番安定しているかもしれません。

コメント
幼少期のトラウマは一生残るものです。
物理的に離れて、近寄らない。
私もこれが一番の解決策なのかなと思います。
死ぬくらいなら、問題から離れることも大切です。
それは逃げではなく、自分を守るための具体的な対策なのですから。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

兄からの虐待でトラウマになったが、友人の励ましで立ち直った事例

ブログネタ
いかに生きるか に参加中!
投稿者の方
K.Oさん
北海道
40代・女性


お悩み事例
幼少期より兄からの虐待があり、自分に自信が持てず何事にも消極的になりました。
母子家庭ということもあり母は仕事で忙しいため悩みも打ち明けられず、家庭内に安らぎはありませんでした。
そんなことから今まで何か辛いことがあっても誰にも相談することができない習慣がついてしまい、自身にため込んで苦しくなっていました。
人間関係が煩わしく感じるようになり、一人でいることに安らぎを覚えている自分がイヤでたまらないこともありました。



解決方法
元々の原因をつくった兄から離れ距離をおき、その兄を慕っている母とも距離をおいたことでトラウマやストレスが軽減されました。
現在家庭をもったなかで、主人に胸の内を打ち明けて少しずつ自信を取り戻すことができています。
友人の中でも信用のおける友人には悩みを聞いてもらい、励ましをもらっていますがとても心強いです。
自身の家庭には恵まれなかったですが、家庭をもったことが自分の居場所をみつけ安らぎに変わりました。

コメント
辛い幼少期をすごされましたが、ご友人・ご主人の励ましによって、今は幸せに生活されていますね。
例え産まれた家庭が幸せでなくても、自分で幸せな家庭をつくり上げることが出来る。
そんな可能性を感じさせられた事例でした。 


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

望まない妊娠をしてトラウマになった事例

投稿者の方
Y.Uさん
群馬
30代・女性

お悩み事例
相手との関係が破たん寸前という時期に望まない妊娠をしてしまいました。
絶対に産める状況ではないので堕胎するしかないのですが
当時はフルタイムでの仕事に加え夜の副業勤務をしていて、病院へ行く時間すらなかなか取れませんでした。
毎日不安と後悔と申し訳なさで…今までに味わったことのない精神的苦痛と戦っていました。

解決方法
どうにか時間を作って診察してもらい事情を説明し、手術の日取りも決めてありましたが
掛け持ちで仕事をしていてとても忙しかった影響もあったのか
夜の勤務中に大量出血していしまいそのまま流産してしまいました。
以後その体験がトラウマとなり、一切の性交渉が出来なくなりました。
解決はしていません。というかきっと一生解決は出来ないと思います。



スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索