重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

イジメ

嫌がらせをしてきた友人にガツンと言って謝らせた事例

ブログネタ
心のドアと、こころの窓 に参加中!
投稿者の方
W.Yさん
大阪府
20代・女性

お悩み事例
中学生の頃からずっと仲良くしていた友達A子が、実は私の悪口をネット掲示板に書いていた事です。
そうとは知らずA子の事を親友だと思い、恋愛や職場の人間関係の相談等、あらゆる事を話していました。
その秘密の話しを全て実名で書かれていたようで、本当にショックでした。
それだけではなくA子は私の家で遊んだ時に、私がちょっと離れた隙に財布からお金を抜いたり携帯を見たりしていたようでした。

解決方法
A子と私の共通のB子が、A子から「○○(私)ってすっごくちょろいの、お金盗っても気づかないし」と言ったらしく、B子がコッソリ教えてくれて発覚しました。
そこからA子を問い詰め掲示板の事も判り、窃盗と名誉棄損で警察へ行くと言うと、あっさりとこれまで盗ったお金を返してきて、掲示板の事も謝ってきました。
どうやらA子は私の事を「馬鹿にしてもいい存在」と見ていたようで、それを知って「友達じゃなかったんだ」と心が痛くなりました。
それ以来A子とは一切連絡を取っていませんし、メアドも電話番号も変更しました。
共通の友達皆にはA子のした事を伝えたので、B子曰くA子は「孤立している」ようです。



スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

引越し先でイジメられていたが見事にみんなを見返した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
引っ越しというのは悩みがつきものなイベントです。
新しい場所に、新しい職場・学校、新しい人間関係…ガラリと環境が変わり、ストレスも溜まりがちになります。
今回は引越しにまつわるお悩み事事例をご紹介します。




投稿者の方
K.Iさん
秋田県
30代・女性



お悩み事例
結局、コミュニケショーンを取ることが困難だったので、無言で毎日一生懸命マニュアルを見ながら仕事をしていました。すると、ある社員さんが頑張っているのを認めてくれ、出来るだけ分かるように話してくれるように努力してくれるようになりました。パート仲間は相変わらずの態度でしたが、その社員さんのおかげもありスキルがどんどんアップしていき、お店で一番仕事が出来るようになったので、周りから何も言われなくなりました。半年間頑張ってよかったと感じました。



解決方法

当初は馴染めず、いじめられていたけど、そこから一生懸命努力されてスキルを身につけ、社員さんに認められ、一番仕事が出来るように成長するという、見事なサクセスストーリですね。
「見返してやりたい」という気持ちが成功に繋がったのかなとも思います。




あと、方言の悩みはこう考えたら解決するんじゃないかなと思う案を一つ。
私も訛りとか方言が強い地方に住んでいるので、たまに他の地方の方に言葉が通じない事も経験があります(汗)
でも、「地元の言葉だから」「個性だから」というアイデンティティーを持つことで、方言も愛着が出てきて、今では日本中で自然に方言が喋れます(笑)

ちょっと脱線しましたが、参考にしてみてください。



 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

酷いいじめによる自殺を思いとどまった事例

おはようございます。
一週間の始まり。
中には「辛いな」と思いつつ出勤・通学されている方も多いかと思います。
でも、お悩み解決事例を読んで頂き、ポジティブになって頂ければウレシイです。

さて、昔から学校に存在する「いじめ」問題。
時に自殺という悲しい結末に繋がってしまうにも関わらず、未だに解決されない社会問題です。
今回はそんないじめから見事立ち直った方からの解決事例です。


投稿者の方 
愛知県在住
T.Iさん
30代・女性


お悩み事例
中2の時、卒業までの2年間、いじめに遭っていました。
ですからその頃は、同じクラスに友達が1人もいませんでした。
という訳で、毎日悪口を言われながら、常に1人で耐えるしかなく、本当に辛かったです。
給食も、2年間毎日1人で食べました。
担任の先生は、そんな私を見て見ぬふりです。
大人なんかあてにならないんだ、と思い知らされた中学時代でした。


解決方法
「死ねば全てから解放される」と、自殺のことを考えるようになりました。
ですがある時、ふと気づいたのです。
もし自殺すると、私は永遠に悲しい気持ちのままの中学生です。
なのに、私をいじめているあいつらは、高校生になって、大学にも行って、友達増やして恋愛して、楽しく生き続けてゆくんだ、と。
そんなのはおかしい、死ぬのは私じゃなくて、あいつらだ!
そう思うようになってから、不思議と闘争心が湧いてきたのでした。

高校に進学してからはいじめも消え、嘘のように楽しい日々が待っていました。
あの時、自殺しないで本当に良かったと思っています。
いじめに遭っている子は、逃げ出して構わないのだから、絶対に自殺しないでほしいです。


一言
素晴らしいですね。
本当にT.Iさんは強い心の持ち主だと思います。
死ななかったからこそ、幸せな今を生きれるんですね。
本当に仰るとおりで、死んでしまっては元も子もありません。

いじめられるのは辛いですが、死ぬ前に考えてみてください。
死ぬのは逃げです。
死ななければ、長い人生で逆転できるチャンスがあります。
幸せな生活が待っているかもしれません。

学校を休んだり、転校するのは逃げではありません。
それは幸せに生きるための手段の一つです。
生きるだけで、チャンスはあります。
どうか、悩んでいても死なないでください。

今死のうと思っているなら、死ぬのを先送りしませんか?
今日解決案が見つかるかもしれませんよ。

私もいじめられていた経験もありますし、友達が1人も居なかったことも、学校でお昼を1人で食べたこともあります。
でも、今はしっかりと仕事して、ポジティブに生きていますから。
これも死ななかったからですよ。
環境はどうとでも変わりますから……




スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索