ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Tさん
静岡県
30代・女性

お悩み事例
私は、29歳の時に高校で親しかったお友達から悲しいことを言われました。
「私は、いつも周りの空気が読めなくて話をしている時も違う話をしたりしている。さらに話が続かないから一緒にいても苦痛でたまらない。正直疲れた。」と言われました。
自分は子供の頃から、静かでおとなしくあまり周りとコミュニケーションをとるのが苦手なタイプでした。
一生懸命話をしようと努力してきたけど、それも辛くなり自分なんてこの世からいない方がいいんだと悲観的に考えてしまいました。


解決方法
毎月2回通院している病院の精神保健福祉士さんや看護師さんに相談し、話を聞いてもらいました。
自分にとっての友達は、これだけではない。
気を使いすぎたり疲れてしまうような友達と一緒にいても辛いだけだ。
他にも私に合った友達はたくさんいると思うから。
気長に待ったり、自分から精神治療プログラムなどに参加してみてみるのもよい。
後は、色々空気が読めないことを主治医に相談したら、検査をしてくれて自分がアスベルガーという発達障害だという事が分かった。
これは病気だったんだということが分かってもやもやしていた気持ちが楽になりました。

コメント
まず、精神的な病気や障害は、自らの症状を受け入れることが一番大切だと思います。
恐れずに、勇気をもって、ありのままの自分を、自分が受け入れることによって、次のステップに進めると思います。
その上で、病院に通って、治療に専念する事で良い方向に向かっていきます。

日本には1億2千万人の人間が居ます。
それだけの人が居るのに、1人の気が合わない友達に固執するのはもったいないです。
いろんな人と会って、気が合う人と友達になれば良いんですね。
そのほうが視野が広がりますしね。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ