重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

お金

お金の不安が多い老後に就職先を見つけた事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
老後の大きな不安といえばお金ですね。
年金も多いとは言えませんし、平均賃金も下がっている中、老後の備えというのも重い悩みの1つですね。
中高年の就職も難しい状況にあります。

今回はそんな老後の悩みの事例をご紹介します。 


投稿者の方
F.Hさん
福島県
60代・男性



お悩み事例
60歳を目前にして老後のお金が全くないことに悩みました。
40歳以降に自営業に脱サラし、その後会社に勤めたりもしました。
しかし国民年金を支払って来なかったので、もらえる年金額が極めて少ないことが分かりました。
子供たちに援助してもらうのも恥ずかしいことですし、どうして老後を安心して暮らせるお金を持てるか悩みました。



解決方法
60歳になってハローワークなどに通い、マンションの管理員という仕事があることを知りました。
定年退職した人が第二の働く場所として選ぶことが多い仕事です。
いくつかの募集案件を比べ、履歴書を出し、面接を受けました。
応募したのは比較的待遇が良い案件だったためか二度面接まで行って不採用となりました。
しかし三つ目の挑戦で無事採用となり、勤めることができました。
さてこれで日々の暮らしは何とかなるのですが、働けなくなってからどうするかという問題は残っています。




スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

ローン返済の重いお悩み事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
クルマや家などを購入するときにローンを組む方も多いことでしょう。
しかし、何年もの歳月をその返済に充てなければいけません。
毎月給料から返済分が引かれるのはかなり重い悩みと言えます。
今回は辛いローンのお悩み事例をご紹介します。 



投稿者の方
R.Tさん
福岡県
30代・女性



お悩み事例
30歳を迎えた頃、貯金が1000万円近く貯まっていました。その時、そのまま貯めていれば良かったのに、親から家の建て替えをするのにローンを組んで欲しいと言われたのです。
特に親孝行もしてこなかったので、それに応えることにしました。
しかし、住宅ローンは私の貯金を全て食い潰し、ローンを返すために働いているような状態になっています。


解決方法
私一人では、到底支払うことのできないローンがのしかかっていたので、親にも援助してもらうことにしました。数十万円でも、ないよりはマシでした。
それからは、入った給料やボーナスは即繰上げ返済に回し、どんどんローンは減っていきました。
ある程度、返済のめどが立つと精神的にも落ち着きました。そうなるまでには、5年かかりました。





スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

法律を駆使して借金を軽減した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
お金が無いのも悩ましいことですが、借金となると話は深刻です。
厳しい取り立てに、どんどん増える利息……
お金を借りることが簡単になった昨今ですが、借金だけはしないようにしたいものですね。



投稿者の方
福島県
J.Jさん
30代・男性



お悩み事例
家族の借金癖です。
その人物はパチンコ好きで自分の収入を全てパチンコにつぎ込み、それだけでは飽き足らず借金までして遊んでいました。
家族の生活費や、保険を勝手に解約する等の悪行は数限りありません。
借金は段々と膨れ上がり、しかもそれを別な家族が爪に火をともすような思いで貯めたお金を使って帰していくような有様で本当に迷惑していました。


解決方法
借金と言うのは貸した側が丸儲けする仕組みになっています。
月間これだけ、と言う様に返す金額が定められていますが、実はそれだけでは利息分を払っているだけに過ぎず、借金そのものはいささかも返せていないのです。
これはおかしいと思った家族の一人がこういった事例について調べ上げ、特定調停(うろ覚え)という制度を使って借金を減額する方法を見つけ出してくれました。




特にギャンブルでの借金が多いようですね。
あくまで個人的な意見なのですが、ギャンブルは必ず胴元が勝つようになっています。
ギャンブル場だって利益を出さなければいけないですからね。

ギャンブル場の派手な装飾、従業員は高級車に乗っています。
あなたのお金です。
それでもギャンブルを続けますか……?


借金の悩みを解決するにはやはり法律の知識が必要ですね。
法律を学んで対向する、あるいは債務整理を行う弁護士さんに相談するなど、泣き寝入りをせずに対応したいものです。



 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

楽な方へ流され、お金が無くなった時の解決事例

楽な方楽な方へと流れていくのは仕方の無いことです
しかし、どこかで歯止めを掛けないと大変な事になってしまいます。
今回は極限まで流されてしまったお悩み事例をご紹介します。


投稿者の方
S.Mさん
福岡県在住
30代・女性


お悩み事例
大学を卒業して就職しませんでした。
あの頃は若く、就職するのは自由が奪われるとすら思いました。
あえてフリーターを選ぶ事で自由を得た気になっていました。
いざフリーターとして働いてもカツカツの生活費でした。
夜遊びにハマり楽なほうに逃げていたら家賃もでんわ代も払えなくなりました。
とうとう家賃滞納で、ドアに貼り紙をされました。マンションを出たら実家に帰る他ありません。
そんなの嫌です。
悩みました。


解決方法
酒を飲んで感情麻痺させ実家に帰り、親にお金を出して下さい、とお願いしました。
親は就職もせず、たまに電話したと思ったら酒焼けした声で話してくる娘に不信感を抱いているようでした。
実家に帰ってこいと言われました。それをなんとか説得してお金の工面をしてもらいました。
それからは反省して夜遊びをやめて給料は先に家賃や生活に必要なものに払って残りをおこずかいにすることにしました。


自由と生活…両立させるのは大変ですね。
生活するためには働かなくてはいけない、でも働けば自由な時間は無くなってしまう。
特に若い頃はそんなジレンマに悩まされますね。

楽な方へ流れていってしまう気持ちはよくわかります。
しかし、その流れをどう止めるか、いつ止めるかによって大きく人生が変わってくるのだなと考えさせられる事例でした。

歯止めが掛からなくて破滅する人も多いですしね……。

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

父親が自己破産して全てを失った大学生のサバイバル

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
お金が無いというのも多い悩みです。
しかも自分の責任ではなくて、親の責任だったらより悲惨ですよね。
でも、そんな家庭の危機から奮起して自立した大学生のお悩み事例をご紹介します。


投稿者の方
富山県在住
Y.Mさん
20代・男性


お悩み事例
父親が失業し、自己破産手続きを行い、家から家財まで全て失いました。
父親は今まで住んでいた所から大分離れた地域にボロボロの借家を借り、飼い犬とひっそり住むようになりました。
当時私は大学生で下宿をしており実感がありませんでしたが、たまたま父親が住み始めた新しい借家に帰った時、あまりの酷いボロ家っぷりにようやく危機感を覚えました。
前の家は、誰もが「良い家」というくらい豪華な家であったのですが、ボロ家を見て自身の家庭がマズい状態になっているのだなと実感しました。
これから自分は無事大学を卒業できるのだろうか、下宿代はどうしよう等、これからの自身の身の振り方の悩みをしばらく抱えていました。


解決方法
 それまで自分の中で、金が無くなっても「親が何とかしてくれるだろう」という甘い気持ちがありましたが、無いものは無いのだから、とにかく自分に必要な金は自分で稼ぐという意識を持つようにしました。
 奨学金を借り始め、更に夜勤のバイトを週6で行い、学費、家賃、光熱費等、自分に係る全ての費用は自分で稼ぐようになりました。
在学中友人と遊ぶことは中々できませんでしたが、修羅場を潜り抜けた分、金の上手い使い方、危機が起っても動じないメンタルを身につけられたと思います

 

学生さんですが凄い自立心、サバイバル力です。
親のすねを齧った大学時代を送った私が恥ずかしいくらいです。
困難が人間を大きく成長させるのですね。
「自分のお金は自分で稼ぐ」
社会人も同じで、「会社から給料が当たり前に出ている」と思っているうちは稼げないし、出世できないんですよね……

スポンサーリンク
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索