ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Mさん
滋賀県
30代・男性

お悩み事例
私が20代の頃、念願かなって希望した職種につくことができましたが、仕事に就いてから思うようにいかず、初めてのことばかりで戸惑う日々を過ごしました。
その中で、元々人付き合いが苦手な私でしたので、上司からも「わざわざ書類もってきたのにありがとうも言えないのか!」と怒鳴られたり、あまりの業務の多さに休日も出勤してサービス残業を行う日々が続きました。
その中で、疲労もたまり、日に日に疲労からかぼーっとすることが増え、母親にも「大丈夫か?」と心配されながらも、しっかりと返事もできず、ただただ、毎日に疲れ切っていました。
そんなある日、今日もあの職場にいかなくてはいけないのか。と思いながら、通勤途中、急に手が震えだし、突然に、不安と恐怖に駆られ、ついに職場にいくことができなくなりました。
母親に病院に連れられ、その後の「鬱病」との診断を受けました。
ときおり鬱病の名前を聞くことがあっても、まさか自分がなるとは思わず、ただただその時は、こんな自分、もう消えてなくなりたい。そういう考えしかめぐりませんでした。

解決方法
私はうつ病の診断を受けてから、約3か月間仕事を休みました。
その間、自宅で療養しながら、まずは、毎日の生活をしっかりと続けることから始めました。
犬の散歩や掃除・洗濯といった自分のできることをまずはしっかりとできるようにしようとしたのです。
その中で、通院しながら投薬をし、精神状態を安定させるために、カウンセリングも受けました。
少しずつ体調も良くなり、仕事にも3か月後には復帰をしましたが、初めは体調もよく崩してしまうこともありました。
その都度、休んでしまうこともありましたが、別の上司が私の病気について理解をしてくれて、「しんどいときは無理をしたらいけないよ。」と優しく声をかけてもらい、大変助けてもらいました。
また、同僚にも助けてもらいながら、なんとか日々の業務をこなしていくようになりました。
少しずつ仕事にも慣れ、投薬やカウンセリングを続けながら、3年間が経ち、徐々に精神も安定するようになり、今ではカウンセリングも終了し、投薬もなくなりました。

コメント
すばらしい上司・同僚に恵まれて幸せですね。
本当に鬱病は周りのサポートによって大きく影響されます。
包み隠さず、まずは自分の症状を受け入れ、周りから理解してもらうことが良くなる第一歩かなと思います。
今日は辛い月曜日…どうしても辛いのなら、ちょっと休むことも必要かもしれませんね。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ