ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
A.Aさん
青森県
40代・女性

お悩み事例
私が重いと思う悩みごと。それは11年前にうつ病になったことです。
鬱病になってから1年程は、まったく気力もなく家事もできず1人になる事も怖くて主人に会社を休んで側にいてもらう日々。
その頃、息子はまだ2歳。気力のわかない私を見て息子までもが不安定になり、本当に一時期はみんなが壊れるのではと思いました。
そんな事で主人の会社の有給も無くなり休めば給料はほとんど無し。
子供のために蓄えていたお金も底をつきました。ゼロに戻ったのではなく、マイナスへと転落でした。


解決方法
私が鬱病になり1年ほど経ってからは自分に合う薬に出会い、その薬に身体が慣れてきてやっと1人で家にいられるようになりました。
ただ病気は治ってはいませんが家事はできる範囲から始めました。
当初は何もできない自分に腹が立ち、そのことが原因でまた状態が悪化していたので もう頑張る事はやめました。
他人に何を言われようが私たち家族が1番大切なわけで、掃除機も2、3日位はかけなくても大丈夫。
食器洗いもゆっくりで大丈夫と自分に言い聞かせ主人も理解をしてくれた事も私を楽にさせてくれました。
なくなってしまった貯金の分まで貯まるのはいつになるかは分かりませんが、自分を追い込まず今できる事をしています。


コメント
ストレス社会。
子供も大人も本当に鬱の方が多いです。
立ち直るのには、本人の努力のほか、周りの理解・サポートも必要です。
もし、ご家族や周りの方が鬱なら、まずは理解してあげることが大切です。
元鬱患者からの切なる思いです。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ