ブログネタ
生き方を考える に参加中!
人見知りの人にとっては、コミュニケーションを取るというのも大きな悩みになってきます。
コミュニケーションは取りたいけれど、なかなか話しにくく、人と仲良くなれないというのは、人見知りにしかわからないジレンマです。
今回はそんな人見知りの方のお悩み事例をご紹介します。




投稿者の方
岡山県
T.Iさん
30代・女性



お悩み事例
もともと人見知りで新しく人間関係を広げていくのが得意ではないために、信頼できる友人が少ないというのがなやみでした。
ただでさえ友人が少ないにも関わらず、かなり深い仲になった人間に限って、なぜか物理的に離れてしまうことが多く、気づくと周りにいるのが、仲良い友人の友達で仲間のひとりはあるが、打算で付き合っているような、
そんな友人ばかりになり、同時に自分パートナーとも別れることになるなどして、自分が一人ぼっちになってしまうような、毎日が寂しくて仕方ない日々が続き悩みました。




解決方法
一番の解決方法は、時間でした。
そのときは、このまま一生一人ぼっちなのかと焦り、無駄にSNSで繋がろうとしたり、外に出かけて新たな交流を求めたりしたこともありましたが、積極的に人と交流するタイプではない自分は、さらに虚しくなるばかり。
いつしか、何もやる気がおきず、休日は家に籠るようになっていましたが、ある日突然、どうでもいいかと思えたんです。
キッカケなどもなく、何か解決するために行動したとかはなく、悩みを忘れるまで、時間が過ぎるのを待つのが解決方法でした。
未だに友人は少ないし、寂しいときもありますが、それなりに人生充実していると思います。



考え方1つですね。
人見知りの自分を受け入れる。
ムリに治そうとせず、自然体で居ることも1つの方法かもしれません。
少しづつ慣れていけばいいのですからね。

SNSでコミュニケーション能力を改善した事例もありますし、自分にあったやり方をすれば良いと思います。



スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村