重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

ハードワークで鬱病になったが、会社に理解を得て負担を軽減してもらった事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
M.Sさん
埼玉県
20代・女性

お悩み事例
ある福祉施設で働いていたのですが、そこは正社員が私を含めて2人だけであとはパートの人のみの施設でした。
私がまだ社会人2年目の時もう1人の正社員の方が辞めてしまったので新しく正社員として1人入ってきてもらったのですが、その人はすぐ休職してしまいこなくなってしまいました。
 
その年は福祉に関する法改正もあって制度移行と施設の建て替えを行わなければいけない時でした。
私もまだ社会人2年目で大学も児童学科に通っていたため運営に関する知識もあるはずもなく、毎日奮闘しながら仕事をしていました。
 
毎日16時間以上仕事し、休日返上で施設の運営と制度移行を行っていました。しかし、疲れもたまりいつしか鬱病になってしまいました。
医者には2年は休まなければいけないと診断されたものの他に運営する正社員もいないため辞めることは出来ませんでした。
毎日家にいる間は布団で泣き、職場に行ったら本部の人に仕事を教えてももらえず泣く泣く1人で仕事をしていました。


解決方法
鬱病だと診断される前にパートの方に相談に乗ってもらった時があります。
その時にすごく泣いてしまい、その方に病院受診を勧められたのがきっかけでした。
 
鬱病と診断されてからはそれを本部の人に報告し辞めないから週に何回か休みを欲しいと訴えました。
その時私だけではなく、パートの方も一緒になってもらい本部の方に請け負ってもらいました。
 
私が休む日は本部の人から1人正社員を派遣してくれることが決まり、治療しながら仕事をするということになりなんとかその年を乗り切りました。


コメント
鬱病になってしまった場合、会社から理解が得られるかどうかというのは大きな違いですよね。
鬱病になってしまった方はもちろん、精神的に辛かったら…我慢せず仕事の負担を減らしてもらうなど、自分から信号を出すことが大切ですよね。
勇気が居ることですが、倒れてしまっては遅いので。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

鬱病になってしまったが、退職して自分の時間を持って気持ちを切り替えられた事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
T.Kさん
広島
40代・男性

お悩み事例
会社が3期連続赤字になって、ボーナスが出なくなったので、新たな会社へ転職したところ、半年でうつ病を発症してしまった。
うつ病の原因は上司とそりが合わなかったことが大きく、周りの同僚からも何もフォローされず、仕事で分からないことを相談しても解決せず、上司に相談して実施したことも、その上の上司に否定されて叱責される等、転職のストレスと、こんなはずじゃなかったという思いで、自分自身が追い込まれていき、眠れなくなり、会社へ行くのが怖くなりました。

解決方法
契約社員だったので、契約満了を待って退職しようと思ったが、症状が重くなることと出社したくない気持ちが強くなって、発病後1ヶ月で有給休暇を消化してから退職しました。
現在は退職後の傷病手当金をもらいながら、次にどのような仕事を使用か思案中です。
長い人生のうちの1年や2年自由に過ごせる時間が合っても良いのではないかと考えて、今まで頑張って着た自分へのご褒美として、ゆっくり療養させてもらっています。
時々旅行したり、読書したり、今まで出来なかったことをしております。

コメント
会社に勤めるとなると、約40年働き続けなければいけません。
皆当たり前のように会社に行っていますが、それを40年続けるというのはとても大変な事です。
調子が良い時もあります。
気持ちが落ち込むこともあれば、病気になることもあります。
私も、40年のうち1年や2年は自由に過ごせる時間が欲しいなといつも思います。
しかし、日本ではそういった事は許されない風潮がまだまだあります。
そういう時間が取れるのは羨ましいな…と思いつつ、今日も会社に行くことになるんですけどね。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索