重いお悩み相談室

誰もが持っている「重い悩み」を解決する糸口になるようなコンテンツを 提供していきます。 あなた一人でなやまないで…悩みをみんなで共感しましょう。

友人からの依存を逃れた事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
K.Tさん
兵庫県
30代・女性

お悩み事例
職場の友達だったのですが、とてもマイナス思考な人で少し何かあるとすぐに相談をされていました。
知り合った頃は悩みを聞く事をそんなに苦には思っていなかったのですが、親しくなるにつれて頻繁に電話などでも悩みを相談されるようになりました。
 
1日に何度もかかってきたり、夜遅くになることもあり、段々縛られているような気持ちになりはじめて負担に感じるようになってしまいました。
同じ内容の悩みを何度も聞かされる事もあり、こちらがアドバイスしても結局同じ考えをぐるぐる回っているようで、私の意見はあまり意味がないのだろうかと感じることも多くあり、こちらが精神的にまいってしまいそうになってきました。
 
その子自身は悪い子ではないので、距離を置くこともうまくできず長い間苦しんでしまいました。

解決方法

電話をとる回数を減らしてみようかとか、別の予定をつくって誘いを断ってみようかと色々考えてみましたが、結果的には自分が結婚して職場を退職したことによって、少しずつ距離ができあまり相談される事もなくなりました。
 
職場にいる間だはずっと悩み続ける結果になってしまったので、もっと上手な距離の置き方があったのではないかと思う事があります。
 
元々人に対して顔色をみてしまったり、強く出られなかったりする部分があるので自分の性格を変えていくのが一番の解決策だったのではないかと思います。

コメント
自分は誰かに優しく接しているが故に、依存されてしまうこともありますよね。
しかも、依存してきた人がマイナス思考だと、自分にもその思考が移ってしまったり。
悩みを聞くのも大切ですが、ミイラ取りがミイラにならないよう注意も必要ということですね。

スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

自己中心的な親の束縛を、時間が解決した事例

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
投稿者の方
S.Kさん
福岡県
30代・女性

お悩み事例
私の両親は、自分大好き人間で自己中心的で私が小さい頃から自分勝手でやりたい放題でした。
ほとんど家にいないし、家の事は何もしないので、ゴミ屋敷状態でした。
父親も外で女を作りその事を私に自慢してくる少し変わった人でした。
 
私は、ほぼ、ほったらかしで育ちいつもお腹はすいてるし服はボロボロ、靴はないのでいつも長靴で生活していました。
いつも、なぜ私の両親は友達みんなと違うのだろうと子供ながらに悩み苦しむ毎日で本当に辛かったのを覚えています。


解決方法
この悩みごとが解決した?のは私が中学を卒業して寮がある職場に就職したので親とのかかわりがなくなった事が一番です。
 その後もたまに私に電話があり、家を片付けるから手伝ってくれ!やお金を貸してくれ!女と別れてさみしいなどの連絡がくるようになりました。
 
その都度、実家に行きずっと愚痴を聞いたり実家を、片付けたりしていました。
今は、父親は脳梗塞で倒れ施設に入っていて、母親は落ちつき、家は汚いですが安定した生活を送ってくれています。

コメント
子供は親を選べないですよね。
前の記事の投稿者さんもそうでしたが、親であるがゆえに、なかなか縁を切ったり、距離を置いたりすることも難しいようで。
結構、強引に距離を置くか、時が解決するのを待つというのが現状のようですね。

スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索